2017.10 «  - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - » 2017.12
TOP > CATEGORY > -- ヤマダサクラコ
TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


薔薇とライオン1 

2009年12月29日 ()

お話はテンプレ。サクラコさんの絵は美しい。手元に無いと続刊を読むときに人物設定とか忘れてしまっていそうなので、手元に置いとくかな、という感じ。

サクラコさんの絵は画面としては美しいけど、漫画の場面表現の手段として考えた時にちょっと解りにくい表現があったりする。
私が気になったのはニコラに絡んだ学生を団長が注意するシーンは、なんで足元のUPなんだろう?注意された学生の足が後ずさっていることにしてももうちょっと解りやすい表現があったんじゃないかなあ。
それを思ったときに、漫画としてもテンプレな画面構成になっちゃってるかにゃぁ~と思ったり。もったいな~いにゃぁ~。

次もこんな感じだったらもう続きは買わないかもなぁ~。
でも噂では木原さん原作らしきお話が始まっているらしいので、次に期待!かな?

ああああ、今年最後の感想の記事だってのに萌叫びではないのがちょっと寂しい。
スポンサーサイト
[2009.12.29(Tue) 15:05] -- ヤマダサクラコTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


ラ・ヴィ・アン・ローズ 

2007年04月17日 ()

ヤマダ サクラコ / 東京漫画社(2005/02)
Amazonランキング:34857位
Amazonおすすめ度:




この本、アマゾンのなか見!検索に登録されているので、ちょこっとだけサンプルが読めます。
思わず何ページまで読めるのか確認してしまいました。(笑)クリックしていったら6ページまで読めました。これめっちゃ嬉しいサービスですね。

内容はバーを舞台に繰り広げられる恋愛模様ですね。
シリーズの最初のお話以外はマスターがらみのお話です。
常連さんにもおモテになるようで、魔性のマスターです。(笑)
それをフォローするまたは巻き込まれる、受難のバーテンダー阿部くん。

このマスター、マジでとっても魔性です。
バーのオーナーに迫られて、それを助けさせることによって阿部くんの気持ちを掴むんですよ。
この「Baby Blue」のラストは、オーナーとマスターの電話で終わるんです。
その会話だけで、オーナーが結婚していること、迫ったくどき文句はやらせであることが分かるんです。
どうやらマスターも阿部くんに気がある(?)らしいことまでその1Pだけで読ませてしまうのです。
とても行間を読ませるのが上手いなぁと思いました。マスターとの過去も想像してむふむふしてしまいます。

あと気になるのはどちらが攻めなんだろう、ということですね。(爆)
大多数の希望であろう阿部くん×マスターでもOKなんですが、個人的にはリバ有をプッシュしておきたいです。
阿部くんはどちらでもいけそうじゃないですか?そう思うのは私だけ?そのほうが萌えなんだけどなぁ・・・。


バーのシリーズの他に、学園BLがひとつ収録されています。
BL漫画にしては珍しく、主人公がカップニングされていないです。
お話も主人公が見た群像劇的ストーリな割には、距離感もほどよくさらりと読めました。
そういえば、幼なじみたちも結局くっついたのかははっきり描かれていたいのですが、きっとくっついたんだろうなぁと想像させる行間を持っています。



ヤマダサクラコ作品
・ここでキスして←これも好きな本です。
まだ単行本が少ないですね。もっといろいろな作品を読んでみたい作者さんです。


[2007.04.17(Tue) 01:48] -- ヤマダサクラコTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

ヤマダサクラコ by ちよこ
なか見!検索ってはじめて使ってみた。
結構便利だし画像もキレイで感動した。
・・・でも冒頭6pじゃーよくわかんにゃいv-56
作者の勝負ページ2pとかにしてくれたらいいのに



ヤマダサクラコさまの「ここでキスして」を読んだところです。うーん☆3くらいかな?
画力もしっかりしてるしストーリィもそこそこ、
でも平均点以上のものは感じられなかったので。

サクラコさまの作品では
「桃色王子」(テニスの王子様Hアンソロジー)
に載ってた作品がうひょー!!でした。
海堂くんを非常階段に連れ込んで
あれこれしたあげく
{ああ、クソ
 孕ませてやりたい・・}なんて
あまりに鬼畜眼鏡な乾先輩が・・
乾先輩がぁぁ・・!!

サクラコさん by あお
って、名前がかわいいですよね。さくら、じゃなくて、さくらこ、なのがイイです。

そうそう、サクラコさんがテニスで活動している(していた?)のは最近知りました。そうか面白いのかぁ~(^^)萌えなのかぁ~(^^)読んでみなきゃ♪

amazonのなか見検索イイですよね。初めて見つけたときは軽く感動してしまいました。東京漫画社のコミックは大抵なか見検索の登録されているようですよ。

コメントを閉じる▲

TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。