2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > CATEGORY > -- ユキムラ
TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


人には言えない間柄 

2010年05月16日 ()
もう、まんまタイトル通りのお話です。
っていうかBLって本来がそういう関係じゃん?!(本人達次第?)


「人には言えない間柄 井上の場合」
出会い系で会ったみちるさんを好きになった憲介。
何度か会うようになったのはいいけど、実はお互いに秘密があってね。

っていうお話。

みちるさんの口元にあるほくろが色っぽいね!

1話目で障害を乗り越え気持ちを確かめ合ったふたりの2話目!
さらりと(?)コスプレをするみちるさんが素敵でした。
これまた似合っているような似合ってないような微妙なラインなのが・・・(笑)

我慢が出来ないふたりに生温かいものを感じながらも
(それでいいんかい?ま いいけど~・・・むにゃ)
結構楽しく読んだりしました。


「人には言えない間柄 山田の場合」
これは可愛い!
わたしはこっちの方が好みだ!(≧∀≦)
「井上の場合」のころと比べると本当に可愛くなっちゃって山田くん。(笑)

家族ゆえに甘え切れない山田がなんか可愛くてねぇ~。
これお話は気持ちを確かめ合って終わってるんだけど
その後がすごく読みたいな と思った。
遠慮があった山田がどうやって信太郎とやっていくのか
きっと慣れないから 恥ずかしい感じいっぱいなんだろうなぁ~。
名前を呼ぶだけであの反応だもん!
これから先どうするんだよ!信太郎も楽しみだろうよ。(笑)
思いを馳せると胸がキュンとします。

ユキムラさんの顔を赤らめる表情が好きなわたしとしては
「山田の場合」でいっぱい見れて嬉しかったな。


「かわいくない」
作業服モエ。
作業服+お仕事のイメージがどうしても「許可証シリーズ」なので
なんかわたしが読むと損してる部分が多いかも。


「UNDER HAIR CUT 100」
タイトルまんまなお話。爆笑。笑うところしかないです。


「人に言えない間柄 その後」
井上カップルのその後。
わたしもバカっぽい子がじつは頭いいとかモエです。
このふたりのどきめきハンパねぇ!!ごちそうさまです。


ユキムラさんはデジタル画面になっても
あんまり違和感がないですね。(線が細くなったくらい?)

スポンサーサイト
[2010.05.16(Sun) 13:34] -- ユキムラTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


好きだけど「嫌い」って言っちゃうの。 

2007年04月11日 ()

ユキムラ / リブレ出版(2007/01/10)
Amazonランキング:106255位
Amazonおすすめ度:




久しぶりにユキムラさん来たーーーーーーー!!という感じです。

来ました。来ました。
ズキューンとガツンときましたよ。


わんこパテェシエと乙女リーマンのお話です。
ふたりの出会いはこうです。
浅野は企画書がコンペに通らなかったからって
酔っ払っちゃて同僚に道端に置いてかれちゃうんです。
そこに迷子になった(!)ナオが道をたずねて話しかけるわけです。

このナオくん、とてもとてもワンコです。
酔っ払っいの浅野にも物怖じせずに話しかけます。
まあ、カワイイ。

道を教えてもらったお礼に、ナオは自分の家族が経営している
お店を教えます。「タダで食わしてやるよ」
浅野が尋ねると、快く迎えてくれるナオ。
まあ、カワイイ。

パテシェになりたいナオのケーキの試食役に乞われて、仲良くなるうちにナオに惹かれていってしまう浅野。
ナオが留学しようとするのを思わず止めてしまって
しかも、ひどい言葉を投げちゃって、関係をぶち壊してしまいます。
乙女です。

このふたり、とっても可愛いんですけど。
私の乙女心を揺さぶります。

百貨店に勤めている浅野は、3年後留学から戻ってきて
人気パテシェになっていたナオ再会します。
百貨店のフェアに出店して欲しいと依頼をする立場として。

最初は突っぱねた態度を取っていたナオでしたが
本来優しい性格なのでしょう、浅野と仲直りします。

ユキムラさんのお話は、とても乙女思考なところがあって
胸キュンしてしまいます。(死語だけどいいんです。)

ナオが、浅野に惹かれる瞬間とか
ぎゃわ~~~恥ずかしい~~~と思いながらも楽しいし。

そして、私が一番ガツンと来たのは
浅野が告白されて、「嫌いだ」って言っちゃうシーン。
泣いている浅野と一緒にちょっと泣けました。

惨めになる・・・
好きだけどコンプレックスを刺激されちゃう
ささくれ立った心に拍車をかける
感情って、そうそうコントロールが効かないんですよね。
好きだけど、嫌いというどうしようもなさは
私のツボであり、萌えであり、大好物であります。


ユキムラさんは正直前に読んだ「嘘つきはだれだ」があまりだったので
(だって、あの内容はせいぜいが読みきりだろう・・・)
正直購入するのを迷ったのですが、買ってよかった!
これは良かった。
やっぱり、リブロ(旧ビブロス)発行のは安定してます。



私的ユキムラベスト
1.エウクロス国物語 2.落ちぶれ紳士に愛の唄 3.ダメな男ほど愛しい

それ以外で読んだ本↓
・天然+極楽魔法使い・好きのめばえ・不思議飴玉・嘘つきはだれだ
ユキムラさんBLだけじゃなく、女の子が主人公のコミックも出しているんです。読んでみたい。
[2007.04.11(Wed) 00:52] -- ユキムラTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。