2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > CATEGORY > --BLドラマCD
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


【ドラマCD】その唇に夜の蜜 

2012年11月25日 ()
いまは車通勤の私だけど
学生のころはバスで通ってました。

最近バスに乗る機会があったの
久しぶりの振動と車体のきしみで
この漫画を思い出してしまいました。

amazonのレビューみたら音響も評判良くて
やっぱり買おう!と思ったのでした。

著者 :
インディペンデントレーベル
発売日 : 2009-01-28


うひひひひ

森川さん×遊佐さん 素敵すぎる。

遊佐さん演じる和田の岡山弁が・・・可愛いなぁ~。
マイクを通したアナウンス声がまたいいのよ。

原作も深井さん作品の中で
1、2を争うくらい好きな作品なので
笑いが止まりませんな。

迷ったけど購入して良かったです♪

スポンサーサイト
[2012.11.25(Sun) 12:42] --BLドラマCD | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


鬼畜眼鏡ドラマCD 眼鏡装着盤 

2010年05月13日 ()
たしかわたしの大好きなあの方が居たはずだ!と思って購入してみました。
ちなみにゲームは未プレイ。

総攻めの佐伯と4人のお相手の短い話が収録されています。(ひとり10~20分くらいかな?)
合間にMr.Rと名乗る案内役?が登場します。

ドラマ,平井達矢,浅野要二,犬野忠輔,床魔乱夢崇矢,大海原渉,ルネッサンス山田
ティームエンタテインメント
発売日:2007-11-28


【キャスト】
佐伯克哉/平井達矢:平川大輔
御堂孝典/浅野要二:遊佐浩二
本多憲二/犬野忠輔:安元洋貴
片桐 稔/床魔乱夢崇矢:保村真
須原秋紀/大海原渉:後藤啓介
Mr.R/ルネッサンス山田:前田剛 

この18禁用のお名前は声優さん自分で考えたのかな?
もともとのお名前どこ行った?というなんか変わったお名前の方も・・・。(笑)
(気になる方は反転してみてね)





ゲームやってないからわからないけど
総攻めの佐伯が鬼畜キャラってことですよね?
鬼畜なキャラは嫌いじゃないです。が、これって鬼畜?
なんかふつーなんですけど。

ミラノのデートで本多をだましてはいますが
まあそれはヒドイとは思うけど・・・鬼畜とまでは
御堂を時間が無いからって話もせずに襲ってたけど
それも事情がわかればなんか微笑ましいし

片桐との温泉旅行では子どもに懐かれてるし
須原との会話では学生相手に人生を諭してるし
鬼畜っていうよりなんかいい奴ジャン?(笑)

ありゃ?
わたし鬼畜なキャラのCD聴いてるんだよね?という感じでした。
ゲームやってたらまた違うのかしら。。。




全体の感想としては正直拍子抜けな感じ

だけど!

わたしの大好きなあの方は、、、凄かったです。(笑)

3番手で登場して、キャ☆と思っていたら



ノリノリでくわえてました。(爆)


もうなんかそんな風にしか聴けなかったんだもん!

可愛かった部分もあったんですよ~。
時間が無いからっていきなり来て襲われて
会話も無く帰っていった佐伯にすねるところとか

でもでも、それよりなにより印象に残ったのは

すっごいガッツリえっちしてるなぁ~。
くわえてる感じがよく出てるなぁ~。
ん、ん、って言ってるのが色っぽいなぁ~。


っていう、そっち系ばかりです。^^;


そして「これが、会社での初めての共同作業となりました」に爆笑して
イイ落ち付いたなぁ~と思いながら締めるという。
佐伯って鬼畜キャラなの?笑

萌はなかったけど、やっぱり大好きなお方はひと味違うなと
あの時の色っぽさは熟練の技ですかね?
メロメロです。





調べてみたら「眼鏡非装着盤」は佐伯・総受なんですね。
鬼畜眼鏡 ドラマCD-眼鏡非装着盤-
わたし的にはそちらのほうが好みっぽい な。
佐伯役の声優さんのイメージ的にも。
どっかで見かけたら購入したいものです。



[2010.05.13(Thu) 22:33] --BLドラマCDTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


【ドラマCD】俎上の鯉は二度跳ねる 2 

2010年01月26日 ()
だらだら感想です。相変わらず書き始めたら長くなってしまいました。

イメージ・アルバム,中村悠一,遊佐浩二,斎藤千和,日笠陽子,五十嵐麗,遠藤大智,岡林史泰
ランティス
発売日:2009-12-23






ドラマCDになると聞いたときに一番気になっていたのが

恭一の部屋で今ヶ瀬が灰皿に気づくシーン。


漫画だとわかりやすい(今ヶ瀬の心理が追いやすい)けど
音のみというドラマCDでどんな風に表現するのかと思って
ワクワク聴いていたら

「いやまだだ、おれの灰皿がある もう1ラウンド」(うろ覚え)

今ヶ瀬のモノローグ
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!


まあ、モノローグなしに今ヶ瀬がしゃべり始めたら確かにびっくりするところだよね。
漫画とドラマCDの違いを実感した瞬間でした。


怒涛のふたりの会話が今回の押しだと思います。
今ヶ瀬@遊佐さんの出し尽くした演技にご注目です。

遊佐さんひたすらしゃべるしゃべる
ひとりでキリキリまわってるって恭一が言ってたけど
まさにその通り!感情に任せてしゃべりまくり。

蓮っ葉になったり
すがったり
甘えてみたり

感情のゆれ幅が大きくて、次の瞬間にはまったく違う声色を聴かせてくれる、これぞ今ヶ瀬って感じでした。うざったいぜ!今ヶ瀬!!(笑)
今ヶ瀬という、現実に居たらマジで難しいヒトであろう男を、すばらしく演じきって下さいました。遊佐さん本当にお疲れさま!


中村さんも会話とモノローグでたくさん声が聴けました。
怒鳴っているときの声がアベくん・・・と思ってしまうのが困ったものですが。(笑)
だって、わたしの中では恭一よりアベくんのほうが印象強いんだもん。しょうがない!(開き直り)しかも最近アニメ2期の話もあったから余計にアベくん@中村さんの印象が。

・・・おいといて

今ヶ瀬といる恭一は感情むき出しでなんか素な感じがしますよね。
かっこつけていたいって思う人ならそれは苦痛なのかもですね。
これほどやっかいな相手は居ないっていう気持ちに感情がこもってました。



遊佐さん、中村さんの演技も素晴らしかった!

でもたまきちゃん@斉藤さんの泣きの演技がうまかったぁ~。

泣いちゃうのってそれだけで気持ちがつられちゃうから(流されやすいの)
後から振り返ると「ケッ」って思うことが多いんだけど
たまきちゃんの泣きは個人的には嫌な感じがしなかったなぁ~。

メソメソ泣く ×
我慢できなくてひっくひっく泣く ○

の違いかな、とも思ったり。
最後のセリフ「プリンおいしいね」とかもう、
たまきちゃんファイトォォォ!!っていう。

(なんじゃこりゃ。BLCDじゃねぇのかよ、的な)

なので、前の記事でも書いたけど
中村さんの「なんで今ヶ瀬を選んだのかな~」っていう疑問は
とっても共感できちゃったりしたのでした。^^;


あ、話が飛ぶけど、それを語っている時の中村さんの声がすっごい可愛かった。
「僕ならですよ、」って一生懸命に語っているのがね、微笑ましいの。
中村さんの演技じゃないときの声ってなんかキュートだ。(萌)


このお三方のキャスティングで良かったなぁ~。
すごく聴き応えのある作品でした。

その作品を生み出してくれた水城さんがブックレットでドラマCDのアフレコに立ち会ったあとに
「この人物なら、こいう話をする時どんな言い方をするんだろう。
どんな単語を選択するだろう。その言葉を放った瞬間どんな語尾になるだろう。」
っていうのを考えていくようになった、と書いてありました。

わたしそれよんで凄く感動しちゃった。

ドラマCDを聴いた後に原作を読むと、キャラの声で脳内再生されるじゃないですか。
文字として読んでいたセリフが全然違うニュアンスを持ってみたり

文字として読むと違和感なくても、読み上げると結構変な文章って本の中に溢れていたりするけどそこをリアルにっていうかキャラの生の言葉にしていくのが肉付けキャラ付けってモンじゃん!っていう。

原作あってこそのドラマCDだけど、この作品は相乗効果もあったんだなぁと思うとすげぇ作品だったと改めて思うわけですよ。




キャストトークのあとに、おまけが付いています。
これまた遊佐さんのスゴ演技炸裂で、まったく尊敬に値します。
夏生先輩のため息と今ヶ瀬のラブオーラとのキャップが面白かったです。




わたしがこのドラマCDのいいなと思っているところは
親切だなぁ~ってところ

わたしが期待していた灰皿の場面を筆頭に

電気ポットのところとかも

聴いているひとに解りやすい演出になっているところ!


特に、美奈子ちゃんがふたりの関係に気付くシーン。
病院で「なにいまの?」ってリフレインするところね。

原作にそんなシーンあったけ?!っていうくらい
わたしはビックリしました。

読み返したら、CDみたいにはっきりは描いてないけど
それらしきシーンがあって、製作側の配慮がスゲェ!と思ったり。

まあ、その場面がないと、のちの辻褄があわなくなるんですけどね。

(そういえば逆に原作ではなんで美奈子ちゃんはふたりの関係を知ってるんだろう、って不思議だったんですよね。わたしの読解力というか注意散漫で見落としていただけだったのね)(でも解りにくかったと思いません?笑)

親切すぎてうざったいと思う方もいるかもな、とは思いつつ
読解力のないわたしにはそういう配慮がすごく有り難いCDでした。

満足です♪


[2010.01.26(Tue) 23:21] --BLドラマCDTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


「俎上の鯉は二度跳ねる 2」 1ターン目 

2010年01月21日 ()
1回通しで聴きました!!やっと!やっと!!


鯉は頭から尻尾まで、おいしかったです!
テンションが上がると笑いまくるわたしは、車の中で笑いっぱなしでした。


俎上の鯉は二度跳ねる ドラマCD 後編
俎上の鯉は二度跳ねる ドラマCD 後編



遊佐さん、凄いいっぱいしゃべってるな~(萌)
恭一@中村さん、カッコいくなっちゃってw
たまきちゃんの演技泣かせるぜ!

キャストトークの中村さんの気持ちは、すっごく分かるかも!
たまきちゃん可愛すぎるよ!!
でもしょうがない!分からないから恋なのかもしれないし。


聴き終わって一番最初に思ったのは

・・・原作が読み返したい、です。

凄いあとを引きずるドラマCDでした。

原作読み返してから、もうちょっと繰り返し聴いてみよっと★



だらだら感想(笑)は後日!

[2010.01.21(Thu) 23:56] --BLドラマCDTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


ドラマCD「美しいこと」 

2010年01月19日 ()
ブログでワンピ萌え萌え言っている陰で、実は木原さん祭りも開催中でした。
お家では「海をわたる月の船」と「月に笑う」を読み、通勤の車では「美しいこと」を聴いてました。

この「美しいこと」がねぇ~、良かったの!!

以下、だらだらと聴いてて思ったことを書いているだけの感想文です。
とりあえず、話題が出ると並べてみたくなる、CDジャケットで区切ってみます。(笑)





愛しいこと美しいこと









いま3ターン目くらいだけど、何回聴いてもイイ。
松ちゃんは可愛いし、寛末さんはイライラするし。(笑)
役者さんの演技も、話の流れも原作に忠実な、良いドラマCDでした。

一番印象に残っているのは「痛そうだな・・・」なんですが。(^^;)

松岡@鈴木さんの演技がやっぱり良くて

寛末さんが葉子の行動に一喜一憂しているのを心の中で突っ込むときの、あきれた調子の声とかなんか可愛らしかったと言ったら失礼かもしれないけど、かなり萌えてしまいました。


江藤葉子に思いを寄せる寛末さんのようすが、松岡視点でもものすごく伝わってきてきました。
寛末さんは時にストーカー?!(怖)って思うこともあったけど、一途な男性だと思えば許される範囲?かな。一応引くことを知っているようだったし。

松岡の女装時の行動は・・・寛末さんからしたら、うん、近寄ったり離れたり・・・悪女だよなぁ~。予測できない行動に振り回されて、タジタジな寛末さん。でもそこが魅力的だったんだろうなぁ。


松岡の寛末さんの行動を分析したり、和むな、イイなって思ってしまう思考は乙女でした。
思わず突っ込みを入れてしまうくらいには可愛かった。

・・・ただ、現実問題、松岡は男なんだなぁ~。

それを受け入れられない寛末さんの行動が、イライラすると同時に「こういう行動ってあるある」と嫌な共感をしてしまって困ったもんです。^^;
木原さんは人の負の部分を引き出すのが上手いんだなぁ~。(ほめ言葉です)

そして、わたしが一番印象に残っている「本気で痛そうだな」の場面になるわけです。
松岡@鈴木さんの演技力冴えまくり。可愛いのもいいけど、こんな負の演技も上手いのはポイント高いです。(泣き声とかもイイですよね^^v)


わたし男・松岡の行動が好きなのです。
相手に気を使わせないようにするところとか、友達の不安そうなようすをキャッチするところとか、言いたいことを感情的に言うんじゃなくて、諭すように言えるところとか。
寛末さんが「話があります」って会社に来たときの会話とか、CD聴きながら松岡を応援してました。(笑)感情を出さないように冷たく接するのが痛々しくてね。泣かせます。


原作の「美しいこと」のなかで一番大好きなラストのシーン。
松岡のセリフが凄く切なくて好きで好きで、原作ではそこだけ読み返したりもしてました。
続くモノローグと相まって、余韻を残す締めくくりでした。





CD聴いててふと思ったこと

購入者限定応募者全員サービスだった「愛すること」論争が掲示板で起こってましたが、(そのなかの提案にあったかもですが)ドラマCD化してしまえば良いんじゃない?
わたしは冊子を持っていますが、ドラマCDになったら買いますよ。
文だけでも嬉しいけど、ふたりのラブラブが聴きたいなぁ~。
これは出版社にメールしてみるべきなの?



[2010.01.19(Tue) 23:46] --BLドラマCDTrackback(0) | Comments(6) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

論争というと・・ by ちよこ
冊子の内容というより配布方法でしょうか?

本来読者サービスというか販促のためのものだと思うんだけど、
むしろ排他的というか反感を買いやすいというか
業界にとってはデメリットの方が多いシステムに思いますわ><

Re: 論争というと・・ by あお
> 冊子の内容というより配布方法でしょうか?

そうそう!あとから買ったヒトにも読めるようにして下さい、な議論が掲示板で起こってました。

たしかに、読者サービスのようで、サービスになっていなですよね。考えてみたら笑えるw
販促なら、期間限定とかの小冊子じゃなくて本にしてしまったほうがお互いのためによいのにね。

最近多い、購入者全員サービスってレア感を出したいのだろうか?それって出版社にとってのメリットは大きいんですかね~?雑誌連動とかもあるけど、そのときだけの売り上げになるんじゃァ?

どんな方向に行きたいんだ、BL出版業界・・・

って、踊らされているわたしが言っても説得力はないですね。^^w

たしかに by ゆにこふ
わー絶対小冊子がドラマCDになったら買う!ラブラブ聴きたい!イチャイチャ覗き見たい!

全サとかのシステムってBLに多いですね。
私も特典ペーパーとかに踊らされるのがほとほとイヤになってきてますが、まぁこういう遊びができたり、作家さんとの距離が近いのもBL界の良いところでもあるんですよねー。


Re: たしかに by あお
ああ!女性って、というよりかは、わたしは確かに「おまけ」的なものに弱いかも!
わたしそういえば、おまけペーパーが付いているネット書店を選びました!
だって同じ金額出すんだったら、おまけ付いてるところのほうがお得じゃないですか。

ペーパーや小冊子ってそういう心理を突いてくれるんだ!
にゃるほど!


本当に小冊子ドラマCDになったら買いますよね!!蒼竜社さん、インターさんに企画持ち込んでくれないかな~。

ワタシも by Bubobubo
あお様こんにちは。

ワタシも、「美しいこと」以上に「愛すること」のほうを
何度も何度も読み返している一人であります。
せっかくうまくいった二人のイチャイチャ
「美しいこと」を愛する読者なら誰でも読みたいよね。
それがごく一部の人にしか提供されないシステム
ワタシは間違ってると思います。
作家さんだって本当は、できるだけ多くの人に
読んで欲しいんじゃないかなあ。

オマケとか特典とかに惹かれる気持ちも
よくわかるんですけどね。
でも商業作品である以上、読みたい人に確実に
供給されるべき、と思います。

Re: ワタシも by あお
bobuさま!コメントありがとうございます。すっごい頷いちゃった!!
特にこの部分↓

> でも商業作品である以上、読みたい人に確実に
> 供給されるべき、と思います。

同人誌ならいざ知らず、商業媒体でそれはないよ~って思いますよね。
なんのための商業!誰のための商業!

考えてみたらBL業界だけですよね。こうも応募して小冊子とかおまけがもらえるのって。少年漫画や青年漫画ではあまり見かけないような。
変な方向に特化しちゃったいまのBL業界の状態がじれったいです。

・・・まあ踊っちゃいますけど。(^^;)

コメントを閉じる▲

【ドラマCD】俎上の鯉は二度跳ねる・・・その2 

2009年12月08日 ()
遊佐さんのことは前に上げた記事【遊佐さん萌感想】で吐き出したので、今日は全体的な感想を書いてみたりしています。

イメージ・アルバム
ランティス
発売日:2009-11-25


【キャスト】
中村悠一,遊佐浩二,斎藤千和,日笠陽子,高岡瓶々,金光宣明


内容はコミックの半分くらいの量です。
収録されているのは以下のお話。 
 
 憂鬱バタフライ
 黒猫、あくびをする
 梟-ふくろう-

私が聴きたかった、「梟」ラストの中村さんのセリフは・・・すんごい切なかったぁ~。よかったぁ~。素敵だあったぁ~。
たまきちゃんに「別れたんです」って言っているあたりから胸がキュンキュンしちゃって大変でした。男の哀愁ですね。

私が基本、受けに感情移入するタイプなので、前作は今ヶ瀬可哀想・・・恭一の無神経野郎め!って思ってたけど(笑)今回のお話を聴いてちょっと見方が変わりましたね。

だって、たまきちゃんを牽制する今ヶ瀬を可愛く思ったりしちゃってるよ?
あら?どうしたの??

いつもは今ヶ瀬からしかチューしないのに、自分からしちゃったりしているよ?

プレゼントやリバったあとの「不安にさせちゃだめだろ」っていうのも、すごく気ぃ使ってくれてるんだ、、、っていうのが伝わってきて。
もしかして恭一は現実にいたらいい男?そして意外とどころじゃなく、今ヶ瀬のことを好き・・・というハッキリした感情ではなくても想いはあるんだ、と思えました。

だからこそ、ラストの「恋人だった、好きだったんだ」にぐっときました。別れてから認めるんかい!泣くほど好きだったんじゃん!!ばかー!!(笑)
そうだよ、恭一が「ダメじゃない」って言ってあげれば良かったのに~~!きー!!

まあ、それでも私の中での株は上がりました。ふう・・・。

私の中でいい男に昇格した恭一をゲットしたのが今ヶ瀬のライバル登場のたまきちゃん。
すごくいい子でした。
あんな純粋で話している相手を笑顔にしてくれそうな子ってなかなかいないっすよ。
ヘタしたらとっても嫌な子になってしまいそうなところなのに全然平気だった。
演じている声優さんもすごく上手で、とても素敵でした。



お話を漫画で先に読んでるし、好きな作品だからこのセリフ萌!このシーン好き!と楽しく聴けたんだけど、ドラマCDとして考えた時には・・・ちょっとわかりにくいかな?と思う場面が多かった気がします。


今ヶ瀬との関係を持ってから自分の半生を振り返ってボヤク冒頭の恭一の「もにゃもにゃ・・・なものが増えたり」なセリフはまあ、わからなくてもいいのかな、とは思ったけど

たまきちゃんがバスで帰るシーンとか、音だけじゃあどういう状況なのか分からないんじゃあ・・・
たまきちゃんは恭一が声を掛けた時はもうバスに乗り込むところで、笑顔で会釈して帰って行ったんですよ~と原作を読んでいない人に説明したくなってしまいました。^^;

あと、恭一が脳内会議をしているところとかね。恭一@中村さんが、声のトーン変えて一生懸命頑張っているけど、「クロ恭一」「シロ恭一」「グレー恭一」がいるのはCDだけだと伝わってるのかな?脳内3人が言い合いしている姿も可愛かっただけに伝わってなかったらもったいないなぁ~。

うん、あらゆる面でマンガを読んだヒト向けの仕上がりになっていると思います。

って考えるとやっぱりマンガって凄いなぁと思うわけですよ。
見て読むだけで得られる情報の量が違う。そして解りやすい。
音だけって、作る側も聴く側もとても神経を研ぎ澄まさないとダメなんだなぁ~と改めて実感。



音だけだと表現が解りにくいってう部分以外で私が個人的に一番気になるのは、今ヶ瀬と別れたあとたまきちゃんと寝るシーンで、たまきちゃんが恭一のことを「きょーへーさん」と呼んでいるように聴こえることかな。

みなさまも「きょーへーさん」に聴こえませんでしたか?
私が車の中というあまりよくない環境で聴いてるからかな?
ちゅーしてるから?えっちしてるから、呂律が回ってないとか?
何度聴いても思ってしまうし、一番引っかかっているところです。



そうそう、そういえばこのCDって効果音が大きくないですか?
携帯のバイブ音や、霊柩車(っていうのかな?正式名じゃなかったらゴメンナサイ)のクラクションの音が大きくてリアルだったから車でCD聴きながら、携帯を確認したり、クラクション私に?ときょろきょろしてしまいました。(笑)
そこは凄くリアルだった。


キャストコメントは、遊佐さん以外だと柳田常務役の高岡瓶々さんのコメントがナイスでした。
後ろで出演者のみなさまのざわめきと笑いが聴こえてきて余計におかしかった~。


萌って思うところと、惜しい!って思うところが極端な印象のドラマCDでした。
でも、出演している声優さんの熱の入りっぷりに引っ張られて、最後まで楽しく聴けました。
次はいよいよ再会編の「俎上の鯉は二度跳ねる」ですね。
俎上の鯉は二度跳ねる ドラマCD 後編
12月23日発売。クリスマスプレゼントだ。
ふたりの上にも雪が降ってるよ!楽しみです!

[2009.12.08(Tue) 03:00] --BLドラマCDTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


【ドラマCD】俎上の鯉は二度跳ねる・・・遊佐さん萌感想 

2009年11月30日 ()
前の記事から都合、4~5回リピートしました。車のなかでエンドレスです。
叫びたい気持ちが高まりすぎたので、叫びに来ました。
ただ、全部を一気に吐き出すにはいろいろな要素が詰まりすぎたCDだったので、今回はタイトルにあるとおり遊佐さんのことしか語ってません。
そして多分ネタバレってます。
それでもよろしければ、遊佐さん萌えの叫びを読んでやってください。

イメージ・アルバム,
ランティス
発売日:2009-11-25


【キャスト】
 大伴恭一役/中村悠一
 今ヶ瀬渉役/遊佐浩二
 岡村たまき役/斎藤千和
 野上美奈子役/日笠陽子



愛が偏っているのはわかってます。でも叫ばせてください!


遊佐さん素敵すぎです!!


ちょっとカマっぽいしゃべりしても

盛大な妄想をひとりでしゃべりまくっても
(あ、モノローグで、ですよ^^;)

声を荒げる感じも泣き声もイイ!!



特に真ん中に入っている「黒猫、あくびをする」は素敵でした。
個人的には妄想トラックと読んでいます。
ここんところずっと車でエンドレスで聴いてるんだけど、「黒猫」の遊佐さんのものごっついしゃべりを聴くたびに、テンションが上がります。

自分似の子か、恭一似の子かで迷うところとか、なんで足して2で割るとかイイとこ取りっていうポジティブな方向に行かないんだ!と今ヶ瀬らしいな思ったり。
ネガティブ思考で妄想なのにジタバタしてたくせに、「歳なんじゃないですか~」と恭一にクールに言ってみたりするところとか、すっごく今ヶ瀬の感情の揺れ幅の大きさを表してるなぁ~と思ったり。
いいよね♪「あ~~~」って妄想で叫んでたくせに、恭一が今ヶ瀬がやってくれたことに「ありがとう」というと、息を詰まらせてときめくんですよ!どんだけ乙女ねん!!

本編がどシリアスなだけに、これはイイ骨休めです。

この息を詰まらせて、、、っていうシーンが何回かありました。これなんか可愛いね。でも、マンガ読んでないヒトにはちょっとわかりづらいかも、とも思いました。


でもでも、楽しかった黒猫を差し置いて、私の心を一番心をわしづかみにされたのはなんていっても

キャストコメント!

最後の最後に天昇しそうになりましたよ、わたし。
渋!遊佐浩二です。

ただでさえ、本編で「はう~素敵~~」と思っているのに、あんな渋い声でキャストコールとコメントをされたら・・・はい、メロメロです。
だってさ、いつものフリートークの高い声とはかけ離れてますよ?男の子同士でワイワイやってるときと声違いますよ?
今まで聴いたどのクールな役でも、あそこまで落ち着いた声を出しているのを聴いたことがなかったので、ギャップ萌え?
新☆発☆見☆にどきめき度は上がりっぱなしです。これ以上どうしろと・・・。(萌)


しかもコメントで「バッシングは止めてください」って、たまき役の声優さんをフォローしちゃうんですよ。男前だわ!カッコイイよ!!(愛が偏っている自信はあります)
惚れ直してしまいました。

たまき役の声優さん遊佐さんのセリフを聴いて、うしろで吹いてるし!!
現場の雰囲気が良かったんだろうなぁ~とすんごく微笑ましく思う反面、遊佐さんに優しくされてうらやましいぞ、このやろう!!(笑)と心の中で突っ込みを入れてしまいました。


あまりにも聴きすぎて、遊佐さんのコメントを暗記してしまいまそうです。(愛有り余る気持ち悪さですね、我ながら^^;)



窮鼠ではキャストコールだけだったので、もし次のCDが出るんだったらフリートーク希望!って思ってたら、コール+コメントになってたのは嬉しい。進化してる!!
(単純に要望が多かっただけなのかもですが・・・)
つ、次こそはフリートークを!!


とりあえず本日は遊佐さん萌のみでお送りしました。
萌!



・・・後日、全体の感想をUPするかもです。
とりあえず今日はこれにて!

[2009.11.30(Mon) 21:59] --BLドラマCDTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


「俎上の鯉は二度跳ねる」が届いたァ!! 

2009年11月25日 ()
みなさまのお手元にはもう届きましたか?

イメージ・アルバム,中村悠一,遊佐浩二,斎藤千和,日笠陽子,高岡瓶々,金光宣明
ランティス
発売日:2009-11-25


私は予約していたことすら忘れてたので、郵便屋さんが来た時はすごくびっくりしました。

そして開けてみて、「1」とついてるのにもビックリした。
「続くンかい!!」とCDに突っ込んでしまいました。

まあね、そりゃあ、あの厚みの本のお話が1枚で収まるわけないですよね。
でも予約した時は「1」なんて付いてなかったはずだ。
う~、やっと念願かなって聴ける、っていう嬉しいの半分、これきっとイイところで続くんでしょ?という生殺しの予感がして痛いの半分でした。
情報をちゃんとチェックしていなかった私が悪いんだけどね~。

後編は来月発売とのことなので、早速注文してしまいました。

いま車の中で聴いてる途中です。
相変わらずモエモエなふたりの掛け合いにドキドキします。

予習ついでに原作を読み返したんだけど、これに声を吹き込まれると思うともうときめいてたまりませんでした。
梟のクライマックス~ラストとかとっても楽しみなんですけど!!(あれ?このCDにそこまで収録されてるのかな?まだ最後まで聴いてないからわからないや。)

聴き終わったら感想書こうっと♪♪

[2009.11.25(Wed) 20:39] --BLドラマCDTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


【ドラマCD】兄貴上等 

2009年11月25日 ()
魔窟からお目当てのCDが見つけられない・・・。どこいったんだろう。

う~ん・・・
ま、そのうち出てくるでしょう。

ちなみに探していたのは「P.B.B.」でした。あと「透過性恋愛装置」・・・どこいったんだろう。


というわけで、そばにあった「兄貴上等」を聴いてみました。


ドラマCD,鈴村健一,梁田清之,中井和哉,緑川光
ムービック
発売日:2003-05-31


【キャスト】
 矢井豆一楽(梁田清之)
 矢井豆流生(鈴村健一)
 矢井豆剛(中井和哉)
 朝日奈楽(緑川光)


【あらすじ】
親を亡くし、兄弟3人で頑張って生きる矢井豆兄弟。長男が営む「スナック一楽」は、やりちんと評判の一楽目当てに今日も繁盛。そんな一楽に、最近いらつく末っ子の流生だが、その反抗期には切ない気持ちが混ざってて……?
あのブラコン・ブラザーズがCDになっていよいよ見参!原作者書き下しのミニドラマ「エキサイティングな風呂」も収録!(転載)



な・・・中井さぁぁぁぁん!オモシロすぎ!!
今までクールな役しか聴いたことなかったから
このはっちゃけっぷりはナイスです。
マンガで読んだ剛のイメージそのままでした。
凍死に追い込まれそうになったところの情けない声ね。
あれは可愛いわ。不覚にも萌えてしまいました。
何度も剛のセリフでプッと吹き出してしまいました。

あ、と、ね
鈴村さんの叫び声が・・・素敵すぎ~。
「楽にカバが~~~~!!」とか最高でした。
前半はちょっとチカラ入りすぎかな?硬い感じだったけど
楽が出てきてからのドタバタ展開のなかでの掛け合いは本領発揮!
鈴村さんはこうでなくっちゃ♪♪

一楽の梁田さんは・・・声低っっ!そして硬っっっ!!
もう少し、もう少しでいいから柔らか~く演技して欲しかったな。

緑川さんはいつも通りいい声でした。
なんであんなに艶っぽい声が出せるんですかね~。


展開が早くてサクサクお話が進んでいくので、最後まで聴いてて飽きなかったです。
おまけの「エキサイティングな風呂」に笑った!

[2009.11.25(Wed) 01:16] --BLドラマCDTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


【BLドラマCD】 愛しいこと 

2009年11月11日 ()
「今日の寛末さん、ワケわかんないよ。」っていうのが詰問口調じゃないのが良い!!

・・・というか、このセリフをこの口調で言う鈴木さんにとても感動した。が、一番近い表現なのかもしれません。

小説を読んだ時には、ふつーに詰問口調で読んでた。語尾は責めるように切れてた。

でも、鈴木さんは違うんだ!

「ワケわかんないよ。」の後にクエスチョンマークが付きそうな口調。
責める訳でもなく、かといって激昂しすぎてる訳でもなく
なんというか、、、まさに「ワケわかんないよ」っていう「とまどい」の表現。

うっっっっま~い!!

初めてこのセリフを聴いたときの衝撃は凄かった。
自分のなかの観念をひとつ方向転換させられました。
エライ人が出てきたもんだと思いましたわ。
毎回聴くたびにこのセリフはドキドキします。

イメージ・アルバム,鈴木達央,杉田智和,早水リサ
インターコミュニケーションズ
発売日:2009-05-25


という訳で、拍手を頂いたからではないですが
(きっかけにはなりました。名も知らぬお嬢様、ありがとうございました!)
やっとこさドラマCD「愛しいこと」の感想です。
これでやっと書きかけの記事も報われるというものです。

順序だてて、っていうのが苦手なので
萌!感動!!って思ったところから叫びます。
好きなものは最初に食べちゃおう♪♪

【 キャスト 】
鈴木達央(松岡洋介)/杉田智和(寛末基文)
早水リサ(葉山玲子)/千葉一伸(寛末紀文)/阿部敦(ゆうじ)/尾崎麗奈(寛末広紀)/鍋井まき子(寛末の義理姉)/四宮豪(事務長)/金野潤(清水勝也)/岡本嘉子(清水の母)/神原大地(篠崎)/藤田咲(女子)


「透過性恋愛装置」で自分の中で注目度上がりまくりの鈴木達央さん。
このCDで私の中の株をかなり上げてくれました。
すでに好き声優さんの仲間入りです。2枚しか聴いてないのに!!

鈴木さん演じる松岡というキャラが好きっていうのもあるとは思いますが
声を当てて頂くことで、よけいに可愛く感じられる方に当たったなと思いました。

普段の声もイイ感じだけど、感情が高ぶったときの声がいいね。
「俺はマゾじゃない」のあたりとか素敵過ぎて泣けます。


お相手の寛末役の杉田さん・・・。
寛末のヘタレっぷりが・・・「まんま」だった!!
搾り出すようなおどおどした声がホント情けなくて
あまりにもはまり過ぎて憎らしいくらいでした。(笑)
特に「僕は僕の気持ちに決着をつけられない。」のくだりが
くちぶえを吹いちゃうくらい(なんで?)上手いと思った。

きっと上手すぎるからそう思われるだけなのに、
わかってはいるんですよ。役だってのは、、、でも
私は杉田さんの他のを聴きたいとはいまは思えない。
寛末の情けなさの印象が強すぎる~~~。
個人的感傷で杉田さんには申し訳ない。・・・不憫な。

それとも寛末役の声は普段は出さない声なのかな?
キバットは全然印象の違う、人をくった感じだったし。
ま、いいや。どっちにしろ、しばらくは寛末役でおなかいっぱいです。



良いドラマCDなんだけど、大好きな温泉旅行の山登りのシーンがカットされてたのが残念だったぁ~。
雪を見て口をぱくぱくさせる松岡聴きたかったなぁ~・・・ってこれ音で表現出来ないわ!!
あ・・・うん、そういうことなら仕方ないですね。
顔を赤くする松岡が可愛かったのに。。。(是非漫画とかで読みたい)


あああ、まとめきれない。
しかも3~4回(もっと?)に分けて書いているので
その時々の萌を吐き出して散漫になっちゃった。。。

あ、でも、メイン感動の松岡の「ワケわかんないよ」と
寛末の情けなさを書いたので、これでいいのかな?

また追記があるかもですが、今日のところはこれにてUPしちゃいます。

[2009.11.11(Wed) 01:06] --BLドラマCDTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。