2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > CATEGORY > -- 山本小鉄子
TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


満開ダーリン 

2009年09月12日 ()
出来上がっているふたりなのでラブラブしているだけのお話なんですよ。
なのに、なんか萌まくり!。

満開ダーリン (ミリオンコミックス 27 Hertz Series 56)


変人バンザーイ!

という訳で、店長の春彦さんが結構好きです。

変人と言ってもごっついわけじゃなくて
軽く変人です。
仕事中、恋人で店員の大志にスキンシップというセクハラをするくらいです。
・・・上司としてどうよ?(笑)

恋人同志イチャラブすることに戸惑いが無くて
エロイことにオープンで
これで俺様なのもいいですね~。
見てる分には楽しいキャラです。
大志視点で見ているから変人に感じるだけで
こうやって並べてみると存外ふつーな気がしてきました。

あ~、うん、でももうちょっと羞恥心は欲しいかな。(笑)


大志に「クソガキ」って言うのもイイね。
呆れた時の言い方も、叱る時の感じも微笑ましい。
そこが可愛いと思ってるんでしょう!店長ったら!!
・・・って春彦の頬をつんつんしたい。(古典的表現)

春彦の変人攻撃に大志がいつまでたっても
ウブい反応を見せてくれるのも嬉しい。

春彦がオープンな分エッチ度が高めのような気がするけど
大志の純な部分があるからバランスが取れている気がします。
あんなのに付き合っているのにいつまでもすれないなんて
大志クンは天然ちゃんなの??

キャラ的に好きなのは春彦だけど、大志との絡みがなくっちゃぁ
きっとこの物語は成り立たないというか
モエが成り立たないので、ベストカップルなんでしょう。

読み終わってニンマリしてしまうお話でした。

ふたりの馴れ初めってあるのかな?と思って調べてみたら
「恋と罠」に載っているそうで。
見かけたら店長と大志目的に購入しようかと思います。

スポンサーサイト
[2009.09.12(Sat) 04:05] -- 山本小鉄子Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

私も読みました~ by ゆにこふ
たまたま古本で手に取ったんですが、ちょっと立ち読みしたら面白くて購入してしまいました~。
恥ずかしいのに店長のために頑張ってしまう(何を?ナニを。)大志くんが大好きです。
そしてネウロ!読まれたんですね!
布教効果(∩´∀`)∩ワーイ ♪

Re: 私も読みました~ by あお
> (何を?ナニを。)

に爆笑してしまいました。
そうそう、大志くんのがんばっている姿を見て店長はきっとにんまり笑っているのよ!!
きゃ~好きになってしまったら逃げられないのよ、きっと!
そのままラブラブのふたりで居て欲しいものです。


ネウロ!!
すんごい読みやすかったです。
・・・・・・実はアニメの感じとぱっと見で読み始めるまでは絵が微妙なラインだったのですが。
読み始めたらそんな気になるほどでもなく、っていうかむしろ好ましい絵柄だったので2巻までぐんぐん読めてしまいました。
アニメでもそうだったけどネウロとやこちゃんの掛け合いが好き。強制ながらも従うやこちゃんが気の毒だけど可愛くて。ネウロも俺様っぷりがステキでした。
続きはゆっくり集めます。すっごく楽しみ。
アニメは観てたけど、ゆにこふさまが原作もっと言ってくれなかったら手を出してなかったと思います。めぐり合いに感謝です。損するところでした。(^^)

あ、記事の話題より熱くなってしまった・・・。
まあ、俺様キャラつながりということで。

コメントを閉じる▲

あしたのきみはここにいない 

2008年01月11日 ()
ぎょわ~~~!画像が無いです!!

1/4にお買いあげ♪
その時にも書いたけど好きなブログ様がオススメに挙げていたんです。
好みが合う人のオススメはとりあえず試してみたくなるので、本屋で見かけたときは嬉しかったものです。

あしたのきみはここにいない
原作が崎谷はるひさん。漫画を山本小鉄子さんが描いています。

これ、コミック版と小説版があるんですね。
わたしが購入したのはコミック版です。
読み終わって最後のページを見たら、小説版が発売決定みたいな広告が載っておりました。


お話は学園ものです。
教師の北原に恋をした朝陽。閉ざされた部屋でやさしく、でも踏み込ませないで交わされるキス……。「いつかきっとぼくを忘れる」そう呟く北原の心は…!?

主人公・朝陽の純真そうな感じがイイ!
とっぽそうな反面、その無垢さにそそられます。(爆)

朝陽は純粋な子なんだけど、カマトトすぎない感じに仕上がっていたと思います。
山本さんは表現のバランス感覚がいいんでしょうね。

崎谷さんの小説はむかし好きだったので読んでました。
えっつぃシーンになると攻めが言葉攻めに走るのは健在でした。(笑)
物凄く懐かしかった。

くっついてからの北原の豹変っぷりを描いた描き下ろし。ラブラブです!!
この描き下ろしは原案なしで山本さんが描いたそうです。
崎谷さんもあとがきで書いてあったけど、ものすんごいキャラをつかんでます。
山本さん、グッジョブです。

小説版も気になるちゃあー気になるけど、ルチルで連載中らしいスピンオフ漫画に期待しましょうかね。

[2008.01.11(Fri) 01:51] -- 山本小鉄子Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。