2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > CATEGORY > --高永ひなこ
TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


きみが恋に溺れる2 

2009年08月24日 ()
「恋する暴君」が大好きな高永さんの作品。
高永さんは「暴君」以外も何冊か本を読みましたが、特に萌えることはなかった。

この「きみ恋」も話題になってたから手にとって見た・・・という塩梅でした。
(はい、ミーハーです)

きみが恋に溺れる 第2巻 (あすかコミックスCL-DX)


1巻は特にどうってことなく読んだんだけど
(陣内に振り回されている(戸惑っている?)礼一郎は可愛かったけど)

2巻でライバル登場にジェラシーキタ―――――!

しかも、オレのもの発言までしちゃってるよ。
すまし顔でフツーに言うのがまた可愛いなぁ~。(本妻発言と名づけよう)
・・・礼一郎成長したなぁ~。


今回一番萌えたのは仲直りえっち♪
高永さんのえっちシーンは色っぽくて大好きだ。
陣内と礼一郎が顔を寄せ合いながら睦みあうところが好き。


おすましちゃんで周りのことに無頓着だたったのに・・・
恋の力っていうか付き合う相手の影響力って凄い。

まだお話は続いているようで今度はどんな面を見せてくれるのか楽しみです。


*

高永さんのお話は「面白い」っていうよりかは「萌」!!
そしてその萌は意外性やらギャップが多いですね。
(なのでそれが感じられない作品は心に残らないという)

最近GUSH本誌で「暴君」の6章1話を読みまして

やっべぇ!センパイが・・・!センパイが・・・!!
(書きたいけどネタバレ必至なので書けない)

っていう、声を出して叫んでしまうほどの萌を感じました。
あんなに頑なだったセンパイがあんなことやこんなことを・・・!!
やっべぇよ。萌滾るよ。どうしてくれるんだよ。

しかもセンパイは私の好きなツンデレちゃんでね。口も手も出ちゃうの。
それが森永の影響で変わっていく(たまに自爆してる・笑)のを見て
私の心も振り回され萌狂っているという。
ああ、たまんねぇ。

「暴君」読んでるとオヤヂになってしまうおあなのでした。
早く続きが読みたいぃぃ~。


・・・・・・あら、「きみ恋」から「暴君」の話になってるわ。(^^;)
スポンサーサイト
[2009.08.24(Mon) 11:30] --高永ひなこTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。