2017.03 «  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - » 2017.05
TOP > タッチ・ミー・アゲイン
 ← 門地さんが好きだ! | TOP | グランド海賊王⑦<ゾロサン編③>

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


タッチ・ミー・アゲイン 

2008年01月25日 ()
んもう、ヤマシタさんったら!
もう何回読み返したかわかりません。


ヤマシタ トモコ / リブレ出版(2008/01/10)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:


探し回って買ったからか、とっても愛しい本です。

-----------------------

この本・・・あのあと何回か別の本を探すために立ち寄ったツ○ヤのどの店舗でも見かけません。
普通の書店には(買いたいものがたくさん出てくるので)行かないようにしているんだけど、どうなんだろう?売れてるのかな?売れてるといいな。

------------------------

どちらかというと、とっつき易いタイプの漫画はお描きにならないですよね、ヤマシタさん。
一筋縄ではいかない感じがするキャラクター達。
漫画にしても小説にしても、単純な物語、分かりやすいキャラクター、簡単な結末なんかが氾濫しているように感じる最近。
そんななかでキャラクターのセリフが、行動が、等身大でリアリティを感じます。

だからこそ一度おいしいと思ったその時から離れられなくなったのかなぁ。私はヤマシタさんにはまった時、そんな感覚でした。


短編集です。

雑誌で読んだ時から君を待っていた。
「Candied Lemon Peel」

レモンちゃんかわいいじゃん!!
ごっつい顔に似合ってないのが良い。

名前にコンプレックスを持っている感じとか
それを盾にオカマちゃんに甘えてるとか
結局チカラ関係逆転されちゃう感じとか
吹き出してしまった「レモン汁」の自虐ネタとか

もうすべてが萌えです。

描き下ろしでのオカマちゃんの変態っぷりがおもしろかった。
泣かされちゃってるよ!レモンちゃん。(モエ)

「nuotatore nel cantero!」
8Pの短編。
勢いで告白してしまって、1%の可能性にかけて電話を待っているけど連絡は来ないし・・・もう携帯なんてなくなってしまえ!
―――というお話です。(なんのこっちゃ)
物語の切り取り方がうめぇ。
この胸の高鳴りをどうしてくれよう。

「息をとめて」
とっつきにくいなぁ・・・と思った話です。

かと言って好みじゃないのかと言うとNOで、大好きなお話だったりします。
もっと導入部分が分かりやすければなぁ。
最初は流し読みをしてしまう私にはつらいっす。(流し読みをやめろよっていうつっこみもありますが^^;)

芥さんが良いよ。
かわいい顔して攻めなのも、Sなのも、お下品なのも、微妙に素直なのもツボです。
そして、佐方さんが顔を赤くする表情にそそられます。ウキャ☆

-------------------------

他にも何作かあるけど割愛。
もう全部の作品好き!
読めば読むほどおいしいです。

もう何度読み返したかわかりません。

-------------------------

ヤマシタさんの本
「くいもの処 明楽」
↑これでヤマシタさんにはまりました。
「恋の心に黒い羽」
↑表題作がとってもいろいろ考えさせられた。

スポンサーサイト
[2008.01.25(Fri) 21:54] -- ヤマシタトモコTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 門地さんが好きだ! | TOP | グランド海賊王⑦<ゾロサン編③>

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 門地さんが好きだ! | TOP | グランド海賊王⑦<ゾロサン編③>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。