2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 失はれる物語
 ← 楽しみがいっぱい♪ | TOP | 購入日記 1/24~1/29

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


失はれる物語 

2008年02月06日 ()

乙一 / 角川書店(2003/12)
Amazonランキング:69909位
Amazonおすすめ度:


文庫版も出ているようです。私が買ったのは単行本版。
文庫版より重いしかさばるけど、
タイトルが飛び散った水で滲んでいる感じと、紙の質感が相まって好き。
バックに音符があるのも物語とマッチしていて良いです。

短編集です。
角川スニーカー文庫で発表したものを5作ピックアップしてプラス書下ろしです。
スニーカーはライトノベルズだからもっと幅広い層のひとに手にとって欲しいという出版社の 策略 意向があったのでしょう。
私は乙一さん好きなのでその考えには賛成だ。

KIDSが映画化したことだし(てっぺーかわいい。ハート)記念にというのと、書き下ろしも入ってるし~♪と思って買ってみた。

Calling You
失はれる物語

手を握る泥棒の話
しあわせは猫のかたち
マリアの指

最後の「マリアの指」が書き下ろしです。
お気に入りの感想をば。

「Calling You」
「きみにしか聞こえない」というタイトルで映画化されていましたよね。
ドリカムの主題歌が印象的でした。(未観です→映画の公式サイトで予告は観ました。)

どうしてもクライマックスで泣いてしまう。

頭の中で架空だったはずの携帯が誰かと繋がっちゃった。
最初はお互い妄想だと思ったけど、次第に仲良くなっていき会うことになる。
主人公の女の子のほうが先の時間を生きていて、運命を変えようとするです。

相手の男の子の最後の言葉と、残していったものが切なくて。
小さな伏線だったけど、それがクライマックスに大きな波となってやってきました。

もうこのお話5回くらい読み返してるけど、そのたびにやっぱり泣いてしまう。

映画は小説版とちょっと違う感じですね。興味津々です。


「傷」
角川スニーカーの収録時は「傷-KIZ/KIDS-」というタイトルでした。

他人の傷や自分の傷を他の人へ移動させる能力を持つ男の子とその友達の話。

その能力をもった子がすごく純粋で、やさしくて・・・そして痛々しかった。
傷つけられても、裏切られても信じたいと思い続けたたましい。
信じていた人に傷を押し付けられて逃げられた時の言葉が一番痛かった。
「なぜ こんなに苦しいの・・・・・・?」

ああ--------!!
傷が痛いんじゃない。
心が痛いから苦しいんだよね。
うわ~~ん。

私はこのふたりのように、ラストで
それでも裏切ったひとが幸せでいて欲しい
とは思えないかも。(毒)
ふたりの純粋さがまぶしかったです。


「しあわせは猫のかたち」

これ好き。

乙一さんってミステリー色も強いから、ひとが死んでしまう話も多い。
その中でも死んでしまったひとをとりまく話も多い気が・・・?
GOTHもそんな感じだったよね?書き下ろしもそうだったし。

私はライトノベルズと呼ばれているものや、ファンタジー小説を読まないので限定なのかもしれないけど、乙一さんのライトノベルズって少女漫画の恋愛ものに似ている。
あ、ひと昔前の、少女漫画かな?しかも読みきり漫画。

好きな相手がいてすったもんだを経て両思いになりました。チャンチャンみたいな。
キレイなところで終わる。

私は美しいものが好きだし、すっきり分かりやすいものが好みなので
乙一さんは大好きだ。

今回も美しかった。
特に最後の手紙が上手いね!!
人間には光と影があるんですよ。
そしてそれでも信じるものがあれば世界は美しいんです。


「マリアの指」
書下ろしです。
こちらも死んでしまった人をとりまく話。

もう死んでしまっている人なので私も主人公のように想像するしかなくて
マリアという女性像をいろいろこねくり回して妄想してました。

物語のつなげかた、過去・現在への文章の飛ばし方、小道具の使い方、無駄なエピソードが見当たらない伏線の張り方。

6作品の中で一番うまい!!
この中で一番新しい作品だから?!
やっべ~。
読み終わった後に、物語を思い返して唸ってしまう。

そしてラストも綺麗に終わった。

******************

ふう・・・。
素敵な物語たちでした。
再編集だからと軽い気持ちで読み始めたのに、気づけば真剣に読んでとっても感動していました。
本当に読書は心の栄養ですね!

最近JOJOの小説版をお書きになったんですよね。→Jブックサイト
とっても読んでみたい!
あの世界観をどうやって表現するんだろう・・・。

スポンサーサイト
[2008.02.06(Wed) 00:46] ■一般向けTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 楽しみがいっぱい♪ | TOP | 購入日記 1/24~1/29

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 楽しみがいっぱい♪ | TOP | 購入日記 1/24~1/29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。