2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > 刹那の恋人
 ← ドラマCD 「灼熱の太陽と熱砂の嵐」 | TOP | ドラマCD 「窮鼠はチーズの夢を見る」

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


刹那の恋人 

2008年09月27日 ()
なつかしのハイランド刊。
2000年の本です。うわぁ~古さにびっくり。
購入したのも2年くらい前なので・・・読むのを諦めて売る前に(笑)読めてよかった。


可南 さらさ
Amazonランキング:587253位
Amazonおすすめ度:


お話はこんな感じ↓
大学生の真島は密かに恋してる親友の亨に弟の家庭教師を頼まれ、一も二もなくOKする。だが、亨に似て可愛いはずの琳は辛辣で容赦がなくて、でもぞくぞくするほど綺麗な瞳をしていた。前後不覚に酔った夜、亨と間違えて琳を抱いてしまい、うろたえる真島に、いやに冷静な琳は「体だけの身代わり関係を続けない?」とささやいたのだ!?大好きすぎて必死すぎる恋は、痛くて。極上に甘い。(amazonより頂きました)

身代わりだったはずなのに、琳の意外な一面を見つけるたびに真島の気持ちに変化が。

その気持ちの変化がとっても丁寧です。
真島の心の中に琳の照れや笑顔、情熱、ちっちゃなカケラを積み重ねていきます。

そして、自分の気持ちを自覚してからの真島は作者さんがあとがきで書いているように「恥かしい男」です。くっさいセリフを真摯に琳にぶつるの。読んでてはづかしい!!きゃ★

一方、関係を持ちかけた琳は一途でナイーブでいじらしい子でした。意地っ張りだけど。
私の大好きなツンデレ属性ですね!

文章は穏やか~な感じだけど、琳の気持ちが昂るところは、文章の密度というか熱も昂るのを感じました。
特に真島に告白されて嬉しいはずなのに泣いてしまうところとか。
応える(答える)ことが出来ない代わりに名前を呼ぶところとか。
切ない!!

恋の痛みや甘さに胸キュン☆です。
恋に生きるのも人生さ。
私はこのお話好きです。

スポンサーサイト
[2008.09.27(Sat) 01:17] ■BL小説■Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ドラマCD 「灼熱の太陽と熱砂の嵐」 | TOP | ドラマCD 「窮鼠はチーズの夢を見る」

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← ドラマCD 「灼熱の太陽と熱砂の嵐」 | TOP | ドラマCD 「窮鼠はチーズの夢を見る」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。