2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > 鬼畜でラブレス
 ← 新刊♪新刊♪ | TOP | チラリズム

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


鬼畜でラブレス 

2007年03月05日 ()
やっとこさ木原さんと和泉さんの合同誌「冷血」を読むことが出来ました。私ちゃんと本が手元に届くまで、タイトルを「冷酷」と思っていました。あらら。




まだ木原さんのしか読んでませんが、合同誌のテーマタイトル通りの内容だったように思います。


木原さんはアラブのお話です。
「熱砂と月のマジュヌーン」


内容としては・・・
家が傾いちゃって奴隷オークションに出された主人公が、競り落とした主人の下でいろいろな辱めを受けるお話でした。
この主人公と主人公を買って奴隷にしている主人のからみがあるのかと思いきや、接触すらありません。
主人になんやかんややられる訳ではなく、主人の見ている前でいろんな人にいろいろされちゃう訳です。


んで、感想。
主人公・ファウジを落札したラージン。ファウジにいろいろな人とやられときながら、それを見ているんですけど。視姦プレイを楽しむって訳でもないラージンが不気味だよう~。使用人に好かれている(嫌われてはいない?)っポイあたりのことも考えると余計になんだかなぁ・・・です。


とつぜん関係ない話になりますが、視姦って普通に変換したら出ないんですね・・・^^;
「しかん」を「し」と「かん」にわけて変換しなきゃいけないことを初めて知りました。
きっと腐ってなかったら入力しないし、そのことにへぇということも無いんだろうなと思うと、ちょっとだけ悲しくなりました。
まあ、次の瞬間には面白くなってましたけど。(笑)


話は戻りまして(笑)
なんだか、物語の導入部のような印象を受けました。


だって、攻めになるかと思わしきラージンになんの感情も感じないんだもん!
兄の復讐だと言ってますけど、言ってますけど・・・
私には何の感情も感じられない人でした。本当に復讐なのかなぁ・・・。うむむ。
ラージン、その感情の感じられなさが、かえって不気味でした。


ラージンに疑問を持つのは復讐と言っている割には、やり方が甘いかなと思ったのもあります。
鬼畜でラブレス・・・そうだけど甘っちょろいかな、と。

だって結局気持ちよくなってるじゃん!!(爆)

ラージンお付の双子も結局のところ手酷くするけど優しいし。
いろいろされちゃうのだって、手荒いしひどいけど・・・・う~ん。


鬼畜でラブレスならもっとなんというか・・・もっととことんまでハードにイって欲しかったです。
やることはやってるんだけど、やってるだけになっちゃったかなぁ・・・。
なんだか官能小説ってこんなものなのかなぁと思ってしまいました。
ひたすらえっつぃシーン。
そういうのもたまには良いのですけれども、鬼畜でラブレスという意味では正直物足りないです!!(ど~ん)


これからが面白くなりそうな話ですよ。これ。
もっと、ファウジを突き落として欲しいです。
そして出来れば、もっとラージンと絡んで欲しいです。
ハッサンでも良いけど、やっぱりラージンが良いなぁ。
その方が、だってハッサンと出来上がるよりずっとドロドロになるじゃないですか。(爆)
そしてラージンは同姓とは関係したことが無いから、ファウジの手管の虜に・・・
なったりはしないと思うけど、妄想は膨らみますね。
ハッサンがファウジに惚れちゃって・・・とか。
ファウジがラージンに惚れたらどうなるんだろう・・・とか。
いろいろ妄想をしていて一瞬だけ、「真夜中の天使」の最後の大逆転を思い出してしまいました。
そんな展開になったら面白いなぁ~♪


木原さんが書いているうちに妄想が膨らんだ、とコメントにかいてありましたので、これは今後に期待ということでいきたいです。








「話せっ」に腰が抜けてしまった本でした。ふふ。


鬼畜でラブレス・・・
普段読んでいる木原作品の方が、「鬼畜だよ」「ひどいよ」と思っている自分にちょっとビックリしました。
スポンサーサイト
[2007.03.05(Mon) 01:32] -- 木原音瀬Trackback(2) | Comments(8)
↑TOPへ


COMMENT

by 空
こんにちはー。
あおさん!すごいですね!
物足りないですか~^^;

私も他の作品の方が鬼畜に感じたりしました。
この作品は、一歩引いて読めるというか、お遊びだと最初から思ってるからかな、不思議にさくさく読めましたね~。

そう、いつも不思議なのが、嫌なのに気持ちよくなってる部分(笑)
これは・・・つっこんではいけない部分なのでしょうかw

「まよてん」、最後主人公と滝さんが、でしたっけ?
忘れちゃいました~。
これは痛かった、という記憶しかないです^^;

TBさせて下さいね!

by ふうう
あおさん、

やっと読めましたー!
J庭で買ったら次の日に来ました。
まあ、そうなることはわかっていたんですが…。
私も空さんと同じく、お遊びの認識があったのか、サクサク読んでしまいました。
ラージンがファウジを手ひどく扱わないのは、1895回、保たせるためなのではないかなあ、と思いました。気持ちよくなっちゃうのは…これで痛かったらどうなんでしょう。そっちも読んでみたいものですね。

トラックバックさせていただきますね!

空さまへ♪ by あお
空さま、こんばんは~。
そうなんですよ。物足りないんですよ。
確かにお遊びの感覚があったから、満足っちゃあ満足です。
やっぱり木原さんの文章は読んでて気持ちがイイですしね。そこも大好きなのです。
だって、獣出て来てもぎょっとはしましたけど(笑)展開なんかに違和感は感じませんでしたもん。
読み終わった後に余韻に浸れたのでにんまりです。
本当に続きが気になるのですよ。っていうかもっと展開していって欲しい!木原さん続きを書いてください~~~!(と、ここで叫んでも・・・笑)

「まよてん」は私もとっても痛かったです。何度も読んでは中断して読んでは中断して・・・でした。でも続きが気になるもんだから一生懸命最後まで読みました。
確か最後立場が逆転しちゃうんですよね。主人公が弱い立場だったのが、マネージャー(だっけ?)の弱みを握っちゃって不敵に笑うみたいなラストだったと思います。(違ってたらごめんなさい)個人的にはそんな展開になると面白いと思っていたり。

トラバありがとうございます。こちらも飛ばせていただきます。

ふううさんへ♪ by あお
ふううさん、こんばんは~。

我慢しきれずに買っちゃうのって分かります。
木原さんの本をアマゾンで注文して到着待ちなのですよ。でも、昨日行った本屋に「Don’t~」が並んでいたので思わず買おうかと思っちゃいました。お金が無いので我慢しましたが・・・笑。

鬼畜でラブレスという言葉のイメージから、西条公威さんを連想していたからかもしれません。
肉体的な痛さというか痛々しさなら、西条さんか初期の明治カナ子さんとかまでいって欲しいなぁ。
精神的痛さならとことんまで落として欲しかったかな・・・・という
木原さんの作品だからお遊びだと分かっていても、もっと!と求めてしまうのでしょうね~。ファンはわがままです。^^;
これは本当に続きが気になります。ぜひとも1895回まで付き合いたいものです。

トラバありがとうございます。こちらも飛ばさせて頂きますね♪

数字の根拠を>< by ちよこ
「冷血」の2冊、読みました。

んもォ~~。(牛ではない)

・・・コメント困る!


こ、これ需要あんの?
つうか、なんらかのモエないと
こーいった作品をつづるモチベーションにはならんでしょうが、アタイの理解の埒外でおます。v-404

キレイなオトコがいじめらっるトコがモエ?
(また虐め方が生ぬるい!とか主張なさるあお様もツワモノどすなあ)(でもアタイ、白人男は美しいという感性ないし・・)

鬼畜でラブレス、がテーマだそうですが、

アタイに言わせれば、せっくすなんて愛があったらとても成立しないような気がします。
(焼餅えっちはモエますが。愛を確かめ合っちゃって、信じ合っちゃってたらそれ以上は必要ない筈)

タモリだかが「夫婦は家族だから、家族とはせっくすしない」という理屈もある意味納得なので

ホモ夫婦が熱愛状態で一生を添い遂げる、というBL幻想にも???ですが。



鬼畜か・・
鬼畜もなー。
生憎オイラ、ドキュメンタリー系や悪趣味・グロ歴史系もたくさん読んでるので
世の中にはもっともっと残酷な所業があふれてること位知ってるし。知らなくてもいいことなのに。てゆうか知ってることが恥ずかしいですが。


爬虫類えっちも昔、西村寿行で読んだな。
蛇はうろこがあるから
頭をつっこんだらしっぽを引っ張っても絶対抜けない。
・・という描写がすんげえ怖かった。TT

ら、らくだってちっこいの?
臭そう。


ちゅうか乱交に参加しとるカネモッチは病気とか
怖くないのんか??
発症前の保菌者が一人でもいたら・・ガクブル。


あれ?コメントに困るとかゆって、普段より長くなってるような?

イヤ、本編よりツッコミに忙しくて。^^



う~んしかし、人数はともかく
1895回という数字の根拠は?
その回数をノルマこなせば許されるという理屈が。><



ハムラビ法典の「目には目を、歯には歯を」
てのは復讐の奨励ではなく、
ほっとくと倍返しじゃ済まなくなるから
やられた以上のことをしちゃイカン!という制限だって聞いたことあるです。

そんなこんなでも、なにをしたところで
被害者の気が済むってもんでないし・・・

だいたい1895回もしたらキモチよくなっちゃってもしょうがないだろ~^^
尻使いが上手くなっちゃってもしょうがないだろ~^^^^

その前に健康管理やイジメネタのネタ出しがしんどそう。^^^^^^ぎゃは★




何がしたいんだ、酷原。




モエは無かったけど
変な意味でおもしろかったです。



あ、鬼泉作品の方が整合性はあると思えたし
まだ登場人物に感情移入しやすかったけど
記憶に残りそうなのは断然酷原だにゃ♪

(トンデモ本が好きなもんで。)

突っ込みどころ満載 by あお
にゃは~レスが遅くなって申し訳ないっす。

ちよこさまのコメントに大爆笑。
突っ込みどころ満載なのはもう、ねぇ?(あはは)
本当に萌えは無いんだけど、印象深いんですよねぇ。
そしてちよこさまのコメントにもとってもいろいろいろいろ笑ったり(突っ込みどころとかトンデモ本とか)ほう・と思ったり(ハムラビ法典とか)。大忙しでした。

このトンデモなさこそが木原さんですよ。そこも私は素敵な魅力だと思います。萌えは無いけど。
多分また続きが出ると思うけど、また突っ込みながら読むんでしょうね。それも楽しいですよ!!(きっと笑いしか出てこない)

つっこみその2 by ちよこ
やっぱり何か見落としがあるかな?と読み直してみたですが
ますます重箱の隅が気になりました★

少なくとも1895回・てことはやっぱり被害者に一人一人聞き取り調査?みんなよく覚えてたなあ。
過大申告はいねーかー?
ファウジパパだけでなくお客の分含む?


つうか、パパはムスリムなのに男を弄んだのが罪だとしてもその裁きはちゃんと死後になされるんだっぺ?
男奴隷を買ったのだってちゃんと代価を払ってるんだし
騙したり売ったりする方がもっと悪くね?


最大の謎はラージンは大富豪なのに
なんで兄は「学が無くて出稼ぎに・・」行ったんだろうね?


「許してやりたくても謝罪も反省の言葉も出てこない」て、

そもそも奴隷をレイプするのが悪いことだと思ってないんだから
謝らせたいならまず教育(洗脳とも言う)した方が速くね?



つうか、謝れば許す、という考え方そのものが
すごく日本的なような。

世界的なモラルでいうと、謝罪したということは
罪を認めたことになるので
どんな罰を与えられるかわかったもんじゃないのでうかつに謝らないほうがいいらしい。そーゆー国の方が多いらしい。


たしかアラブ方面の話だったと思うけど
白人夫婦が車で現地女性をひき殺した事件で
その場で被害者の夫が加害者の妻を引きずり出して斬殺したとか。

事故だろうが故意だろうが、
(嫁は財産の一つなので)
それでフィフティ、つうか。


んだからそのような場合は謝罪しないで
すぐ逃げるべきだったとか続いてたが
それもどうか???だけど。





そんなこんなな疑問を「冷血3」で解いてくれたら神なんだけど。

つうかまだ1725回も残ってるのに
尻で感じちゃうくらいのガヴァマンにされちゃって、パパンと挿しつ挿されつなモラルハザードっぷりじゃーもうあとはフィストだろうがスカルだろうがそれ以上の衝撃って超難題くね?><



うひゃぁ~ by あお
もう、ちよこさまったら、相変わらず引き出しが多くて私は目が回ってしまいそうですよ。(それがイヤってことじゃないですよ)(むしろ快感です・笑)
謝ったら自分の非を認めることになるから~的なことはきいたことあります。たしか中国とかどっかだったと思うけど。へぇ~世界的にそうなんだ。
やっぱり日本は平和なんですねぇ。

っていうか読み返したんですね。
私は気持ちななめ読みで、しかも1回読んで終わりだったからあんまり詳しいことを覚えていない。読みながら笑って終わりだった。あはは。(ごめんなさい)

この作品3が出るかは微妙なのかな?でも出そうな気がする。酷原さんは楽しんで書いてそうな感じがひしひしとするから。

私ちよこさまの突っ込みを読んでから、読み返したいのと続きが出るんだったら読みたいっていう気持ちが大きくなってきております。
萌え目線じゃなくて突っ込み目線で楽しむ読書もまた一興ですよね。にゃは☆


回数についての聞き取り調査は・・・きっとしたんでしょうね。
大変だっただろうなぁ。(笑)

コメントを閉じる▲

 ← 新刊♪新刊♪ | TOP | チラリズム

COMMENT

こんにちはー。
あおさん!すごいですね!
物足りないですか~^^;

私も他の作品の方が鬼畜に感じたりしました。
この作品は、一歩引いて読めるというか、お遊びだと最初から思ってるからかな、不思議にさくさく読めましたね~。

そう、いつも不思議なのが、嫌なのに気持ちよくなってる部分(笑)
これは・・・つっこんではいけない部分なのでしょうかw

「まよてん」、最後主人公と滝さんが、でしたっけ?
忘れちゃいました~。
これは痛かった、という記憶しかないです^^;

TBさせて下さいね!
[ 2007.03.05(Mon) 15:16] URL | 空 #m.2.LkcQ | EDIT |

あおさん、

やっと読めましたー!
J庭で買ったら次の日に来ました。
まあ、そうなることはわかっていたんですが…。
私も空さんと同じく、お遊びの認識があったのか、サクサク読んでしまいました。
ラージンがファウジを手ひどく扱わないのは、1895回、保たせるためなのではないかなあ、と思いました。気持ちよくなっちゃうのは…これで痛かったらどうなんでしょう。そっちも読んでみたいものですね。

トラックバックさせていただきますね!
[ 2007.03.07(Wed) 18:24] URL | ふうう #- | EDIT |

空さま、こんばんは~。
そうなんですよ。物足りないんですよ。
確かにお遊びの感覚があったから、満足っちゃあ満足です。
やっぱり木原さんの文章は読んでて気持ちがイイですしね。そこも大好きなのです。
だって、獣出て来てもぎょっとはしましたけど(笑)展開なんかに違和感は感じませんでしたもん。
読み終わった後に余韻に浸れたのでにんまりです。
本当に続きが気になるのですよ。っていうかもっと展開していって欲しい!木原さん続きを書いてください~~~!(と、ここで叫んでも・・・笑)

「まよてん」は私もとっても痛かったです。何度も読んでは中断して読んでは中断して・・・でした。でも続きが気になるもんだから一生懸命最後まで読みました。
確か最後立場が逆転しちゃうんですよね。主人公が弱い立場だったのが、マネージャー(だっけ?)の弱みを握っちゃって不敵に笑うみたいなラストだったと思います。(違ってたらごめんなさい)個人的にはそんな展開になると面白いと思っていたり。

トラバありがとうございます。こちらも飛ばせていただきます。
[ 2007.03.08(Thu) 01:47] URL | あお #- | EDIT |

ふううさん、こんばんは~。

我慢しきれずに買っちゃうのって分かります。
木原さんの本をアマゾンで注文して到着待ちなのですよ。でも、昨日行った本屋に「Don’t~」が並んでいたので思わず買おうかと思っちゃいました。お金が無いので我慢しましたが・・・笑。

鬼畜でラブレスという言葉のイメージから、西条公威さんを連想していたからかもしれません。
肉体的な痛さというか痛々しさなら、西条さんか初期の明治カナ子さんとかまでいって欲しいなぁ。
精神的痛さならとことんまで落として欲しかったかな・・・・という
木原さんの作品だからお遊びだと分かっていても、もっと!と求めてしまうのでしょうね~。ファンはわがままです。^^;
これは本当に続きが気になります。ぜひとも1895回まで付き合いたいものです。

トラバありがとうございます。こちらも飛ばさせて頂きますね♪
[ 2007.03.08(Thu) 01:53] URL | あお #- | EDIT |

「冷血」の2冊、読みました。

んもォ~~。(牛ではない)

・・・コメント困る!


こ、これ需要あんの?
つうか、なんらかのモエないと
こーいった作品をつづるモチベーションにはならんでしょうが、アタイの理解の埒外でおます。v-404

キレイなオトコがいじめらっるトコがモエ?
(また虐め方が生ぬるい!とか主張なさるあお様もツワモノどすなあ)(でもアタイ、白人男は美しいという感性ないし・・)

鬼畜でラブレス、がテーマだそうですが、

アタイに言わせれば、せっくすなんて愛があったらとても成立しないような気がします。
(焼餅えっちはモエますが。愛を確かめ合っちゃって、信じ合っちゃってたらそれ以上は必要ない筈)

タモリだかが「夫婦は家族だから、家族とはせっくすしない」という理屈もある意味納得なので

ホモ夫婦が熱愛状態で一生を添い遂げる、というBL幻想にも???ですが。



鬼畜か・・
鬼畜もなー。
生憎オイラ、ドキュメンタリー系や悪趣味・グロ歴史系もたくさん読んでるので
世の中にはもっともっと残酷な所業があふれてること位知ってるし。知らなくてもいいことなのに。てゆうか知ってることが恥ずかしいですが。


爬虫類えっちも昔、西村寿行で読んだな。
蛇はうろこがあるから
頭をつっこんだらしっぽを引っ張っても絶対抜けない。
・・という描写がすんげえ怖かった。TT

ら、らくだってちっこいの?
臭そう。


ちゅうか乱交に参加しとるカネモッチは病気とか
怖くないのんか??
発症前の保菌者が一人でもいたら・・ガクブル。


あれ?コメントに困るとかゆって、普段より長くなってるような?

イヤ、本編よりツッコミに忙しくて。^^



う~んしかし、人数はともかく
1895回という数字の根拠は?
その回数をノルマこなせば許されるという理屈が。><



ハムラビ法典の「目には目を、歯には歯を」
てのは復讐の奨励ではなく、
ほっとくと倍返しじゃ済まなくなるから
やられた以上のことをしちゃイカン!という制限だって聞いたことあるです。

そんなこんなでも、なにをしたところで
被害者の気が済むってもんでないし・・・

だいたい1895回もしたらキモチよくなっちゃってもしょうがないだろ~^^
尻使いが上手くなっちゃってもしょうがないだろ~^^^^

その前に健康管理やイジメネタのネタ出しがしんどそう。^^^^^^ぎゃは★




何がしたいんだ、酷原。




モエは無かったけど
変な意味でおもしろかったです。



あ、鬼泉作品の方が整合性はあると思えたし
まだ登場人物に感情移入しやすかったけど
記憶に残りそうなのは断然酷原だにゃ♪

(トンデモ本が好きなもんで。)
[ 2008.08.09(Sat) 23:04] URL | ちよこ #- | EDIT |

にゃは~レスが遅くなって申し訳ないっす。

ちよこさまのコメントに大爆笑。
突っ込みどころ満載なのはもう、ねぇ?(あはは)
本当に萌えは無いんだけど、印象深いんですよねぇ。
そしてちよこさまのコメントにもとってもいろいろいろいろ笑ったり(突っ込みどころとかトンデモ本とか)ほう・と思ったり(ハムラビ法典とか)。大忙しでした。

このトンデモなさこそが木原さんですよ。そこも私は素敵な魅力だと思います。萌えは無いけど。
多分また続きが出ると思うけど、また突っ込みながら読むんでしょうね。それも楽しいですよ!!(きっと笑いしか出てこない)
[ 2008.08.12(Tue) 13:14] URL | あお #- | EDIT |

やっぱり何か見落としがあるかな?と読み直してみたですが
ますます重箱の隅が気になりました★

少なくとも1895回・てことはやっぱり被害者に一人一人聞き取り調査?みんなよく覚えてたなあ。
過大申告はいねーかー?
ファウジパパだけでなくお客の分含む?


つうか、パパはムスリムなのに男を弄んだのが罪だとしてもその裁きはちゃんと死後になされるんだっぺ?
男奴隷を買ったのだってちゃんと代価を払ってるんだし
騙したり売ったりする方がもっと悪くね?


最大の謎はラージンは大富豪なのに
なんで兄は「学が無くて出稼ぎに・・」行ったんだろうね?


「許してやりたくても謝罪も反省の言葉も出てこない」て、

そもそも奴隷をレイプするのが悪いことだと思ってないんだから
謝らせたいならまず教育(洗脳とも言う)した方が速くね?



つうか、謝れば許す、という考え方そのものが
すごく日本的なような。

世界的なモラルでいうと、謝罪したということは
罪を認めたことになるので
どんな罰を与えられるかわかったもんじゃないのでうかつに謝らないほうがいいらしい。そーゆー国の方が多いらしい。


たしかアラブ方面の話だったと思うけど
白人夫婦が車で現地女性をひき殺した事件で
その場で被害者の夫が加害者の妻を引きずり出して斬殺したとか。

事故だろうが故意だろうが、
(嫁は財産の一つなので)
それでフィフティ、つうか。


んだからそのような場合は謝罪しないで
すぐ逃げるべきだったとか続いてたが
それもどうか???だけど。





そんなこんなな疑問を「冷血3」で解いてくれたら神なんだけど。

つうかまだ1725回も残ってるのに
尻で感じちゃうくらいのガヴァマンにされちゃって、パパンと挿しつ挿されつなモラルハザードっぷりじゃーもうあとはフィストだろうがスカルだろうがそれ以上の衝撃って超難題くね?><


[ 2008.08.15(Fri) 21:45] URL | ちよこ #- | EDIT |

もう、ちよこさまったら、相変わらず引き出しが多くて私は目が回ってしまいそうですよ。(それがイヤってことじゃないですよ)(むしろ快感です・笑)
謝ったら自分の非を認めることになるから~的なことはきいたことあります。たしか中国とかどっかだったと思うけど。へぇ~世界的にそうなんだ。
やっぱり日本は平和なんですねぇ。

っていうか読み返したんですね。
私は気持ちななめ読みで、しかも1回読んで終わりだったからあんまり詳しいことを覚えていない。読みながら笑って終わりだった。あはは。(ごめんなさい)

この作品3が出るかは微妙なのかな?でも出そうな気がする。酷原さんは楽しんで書いてそうな感じがひしひしとするから。

私ちよこさまの突っ込みを読んでから、読み返したいのと続きが出るんだったら読みたいっていう気持ちが大きくなってきております。
萌え目線じゃなくて突っ込み目線で楽しむ読書もまた一興ですよね。にゃは☆


回数についての聞き取り調査は・・・きっとしたんでしょうね。
大変だっただろうなぁ。(笑)
[ 2008.08.17(Sun) 01:14] URL | あお #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback


冷血 鬼泉桂・酷原音瀬熱砂と月のマジュヌーン  酷原音瀬PNからして、期待大だった合同誌。まずは酷原さんから。ラブレスです。愛は全くないです。そのうえ獣姦ですから、苦手な方は回れ右な作品。ス
[ 2007.03.05(Mon) 15:17 ] Moon stone

鬼畜でラブレス、獣ありという、木原音瀬さんの前回冬コミの合同誌。ペンネームは内容にあわせて酷原音瀬となっていて、一緒に書いているのは鬼泉桂こと和泉桂さんです。『熱砂と月のマジュヌーン』酷原音瀬アラブ小国
[ 2007.03.07(Wed) 18:23 ] いってしまうわ
 ← 新刊♪新刊♪ | TOP | チラリズム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。