2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > 晴れの雨
 ← スローリズム | TOP | ドラマCD 「専属で愛して」

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


晴れの雨 

2008年09月26日 ()
晴れの雨。 (コバルト文庫)

俺とと宮城先生は不倫関係。しかも同性愛。
誰にも言えない恋というだけでも辛いのに、先生の無神経な言動のせいで、俺の心はズタズタ。
そんな俺に榊原先輩が冷たく言い放つ。「死にたいんだったら、いつでも突き落としてやるよ」。
しかし、暗雲たちこめる俺の毎日に、太陽の光を投じたのはほかでもない、榊原先輩だった。
眩しさの絶頂に哀しく散った恋。青空みたいに透明でひたむきなBL。(amazonより)



ネタバレもなにも、あらすじでストーリー全部語ってます。
どうなの?!コバルトさん。

まあ、最初から先の読めるお話なんだけどね。

ポイントはストーリー展開そのものじゃなくて
人を想う気持ちのひたむきさ、美しさ

気持ちを伝えたい、という想い。
純粋でキラキラ輝いている瞬間の数々

逆に心が死んでいく時の感覚
相手のちょっとした言葉や態度でふさぐ心

主人公が他人の言葉に対して衝撃をうけたりするのが
自然で読んでてすとーんと胸に落ちてきます。

美しい感情も醜い感情も、両方が詰まっています。

コバルトなので、エグくはありません。瑞々しい表現です。
なので物足りないひとは居ると思います。

スポンサーサイト
[2008.09.26(Fri) 12:25] ■BL小説■Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← スローリズム | TOP | ドラマCD 「専属で愛して」

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← スローリズム | TOP | ドラマCD 「専属で愛して」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。