2017.04 «  - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - » 2017.06
TOP > 密告
 ← 門地さんが好きだ! その2 | TOP | 隅田川心中

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


密告 

2008年12月24日 ()
密告 / 藤たまき (ディアプラスコミックス)

短編集です。
ネームの多さが魅力。でもたまに読むのがめんどくさかったり。(笑)

表題作の「密告」がちょっとサスペンスちっくです。
自分のいった言葉に縛られる、そんなことよくあります、私。
ものすごくシンクロしてし読んでしまってちょっと苦しかった。
「あの時の自分を絞め殺したい」同感です。

昔弟にひどい言葉を投げつけた戒。
でも現在そのひどい言葉そのものの自分が居る。
うしろめたい気持ちでいっぱいの戒が、弟に一生懸命言葉を
紡ぐようすがもう、痛々しいんだけど可愛くて。(あれ?)
ラストもオチがついていて微笑ましい感じです。
シリアスだったような気がするけどコメディになっちゃった。
攻の諭のキャラゆえか。
この最初と最後の落差も魅力かな、と思います。(笑)

「ゆりかご」
ショートスリーパーという言葉を初めて聞きました。
千が自分のことを隠すのは、私が「自分が腐だ」というのを
隠すのようなものか。
うん、その気持ちは理解できる。
理解し、理解される。ゆるし、ゆるされる物語かな、と。
千が目を閉じるところは感動的でした。


ふたつ以外にも
付き合った男を殺している、そんな噂をまとわせる主人公が
不思議クラブの先輩と出会うお話。「出雲」

老人ボランティアだと聞いていった先には
世話役の男が居て、そこにはなにやら秘密があるようで・・・。
という主人公が色っっぽい「水を汲みに丘を登った」が収録されています。

どの作品も今回は明るめで読みやすさは抜群だったと思います。
特に「密告」は私にとって
シンクロさせるだけの魅力というか共感させる引力のある作品でした。
きっと何回も読み返してしまうことでしょう。

スポンサーサイト
[2008.12.24(Wed) 21:48] ■BLマンガ■Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 門地さんが好きだ! その2 | TOP | 隅田川心中

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 門地さんが好きだ! その2 | TOP | 隅田川心中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。