2017.04 «  - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - » 2017.06
TOP > 恋の記憶
 ← 大海賊同盟 Z×Sスペシャル② | TOP | お知らせ的な日記。2

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


恋の記憶 

2009年03月25日 ()
これの前の記事にも書いてあるとおり
大好きな杉原さんの作品。
2月~3月のあいだに読んだ本のなかでは一番好きなお話。

恋の記憶 / 杉原理生 (SHYノベルズ)


思い出や、回想シーンが多く、センチメンタルなお話です。
穏やかに話は進んでいきます。

小さい頃は仲がよかった理也と高成。
なにがあったわけじゃないけどいつの間にか疎遠になっていた。
大人になって理也の姉の結婚式で再会したふたりが
また友達のようなつきあいを始めていきます。
でもその関係はどこか以前とは違っていて・・・。

そんなふたりの日々の積み重ねで物語は進んでいきます。
イメージとしてはだんだん温度が上がっていく感じ。
恋も急にすとーんと落ちるんじゃなくて
恋という山があってゆっくりその山肌を登っている感じ。

告白されて体を重ねた時の理也の戸惑い。
甘いだけじゃない現実を見てしまう思考。
男同士が不自然と思ってしまう不安な心。

そんな理也の不穏な心を知らずか
相手の高成は「デートしたい」「旅行行きたい」と
未来を穏やかに願います。

逃げ場が無くなっていく理也だけど
どうせいつかは離れるのだから・・・と思っているのです。
その臆病な気持ちが切ないの。

結局ふたりに決断の時が訪れてしまうのです。
自分から決断を下したのにセンチになってる理也。

ちょっと心が弱っている時に
お姉さんの旦那さんと台所に立つシーンがあるんです。
その時の会話と雰囲気が素敵でした。
なんて優しいんだろう。
なんて切ないんだろう。
ちょっとしたエピソードだし、感動があったわけでもないのに
とても暖かい雰囲気に涙が溢れてしまいました。

今までお姉ちゃんと旦那さんに思うところがあったけど
それがちょっと見方を変えれば違うものになって。

そばに居なくても
好きなひと、尊敬するひとの言葉や気持ちが
行動の指針になるって凄い。

高成の注いできた優しさが
結局のところ理也を支えていたのだね!
うわ~ん、そんなに好きなら一緒に居ればイイじゃん!!
素直になれよ~~!!と
またちょっと涙しながら思っていたら
ちゃんとハッピーエンドでした。

遠回りして遠回りしてやっと一緒にいる決心をつけた理也。
とってもヤキモキしたけど、
まあ、そんな単純に割り切れないのが人間ってモンですよね。
迷いもするし方法を間違えるし、自分の心だって分からない時もある。
でも修復することや新たな関係を築ける可能性はある。

相手が喜ぶかなって思って
優しくできる高成はいい男だよ。

ラスト、理也が高成を喜ばせたくって
言葉をつむぐところは涙が出ちゃって大変でした。

穏やかで優しい物語でした。

ユギさんの中表紙がこれまたイイんだ!!

スポンサーサイト
[2009.03.25(Wed) 23:02] -- 杉原理生Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 大海賊同盟 Z×Sスペシャル② | TOP | お知らせ的な日記。2

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 大海賊同盟 Z×Sスペシャル② | TOP | お知らせ的な日記。2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。