2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > ロマンスの旋律
 ← (ドラマCD)Don't Worry Mama | TOP | 寡黙な華

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ロマンスの旋律 

2007年04月24日 ()

佐々木 禎子, 山田 ユギ / 茜新社(2005/02/04)
Amazonランキング:203353位
Amazonおすすめ度:


あらすじ(転載)
古い一軒家に住む霧原朋樹は邦楽の作曲家で箏の奏者でもある。
家を改築して以来、設計技師の八幡英司が定期的に訪れ家のメンテナンスをしていく。
何事も低体温気味に過ごす朋樹だが、八幡のきわめて男らしい容貌と強気さにはじめは意味もなく反発。
でも、高校からの友人と他人には言えない関係にある朋樹は孤独ゆえか、八幡と寝てしまう。
そして停滞していた時間と関係が動き出して…



あらあらあら・・・。とても好みの話だわ。
久しぶりに木原さん作品以外を読みました。(笑)
というか小説自体とても久しぶりに読みました。多分、2ヶ月ぶりくらいです。
そのせいだけでは無いと思いますが、とても楽しく読めました。
全編に渡って色気が漂っているような気がします。
とても読んでるあいだ、ドキドキしていました。
あれ?でもなににドキドキしていたんだろう??

確かに主人公の朋樹はけだるそうな雰囲気で色気が漂っているようなキャラです。
ユギさんのイラストも素敵でした。
お相手の八幡もかっこよかったです。かっこよすぎるくらい!
こちらはユギさんの漫画「最後の~」の本田に似てますね~。
二重人格というか牙を隠して普段は温和なキャラが好みなので素敵でしたよ。

あ、そうか、2人の関係性にドキドキしていたのかも。
陥落させようとする八幡。八幡のアプローチに戸惑う朋樹。
その関係がとても緊迫していたのですよ。
その緊張感にドキドキしたし、色気を感じたのです。
落ちそうで落ちない、触れそうで触れない。
押しと引き、じらしの上手な八幡のせいもあったのでしょうか。

その緊迫した関係性のドキドキ感も楽しめたのですが
朋樹の大人だけど子どものような寂しい心も切なく映りました。
ひとりのほうが気楽さと斜に構えているけど
ふとした時に押し寄せる孤独感に共感してしまいました。
それを斜に構えていると見破られた時の恥ずかしさと
孤独を感じていると自覚した時のなんともいえない気持ち。
もう、佐々木さんったら切なくなっちゃうじゃないですか!

投影できるキャラクターを生み出せる力って凄いですね~。
今まで佐々木さんの本は何冊も読んだことはありました。
でもこの本ほどは、ずきゅーんときたのはなかったですよ。
「ロマンス~」に出会うまでの佐々木マイベストは
「恋とペットと時限爆弾」でしたからねぇ~。軽いノリだったなぁ。

本を読んで「あ~面白かった♪」だけで終わることが多い中で
いろいろ感じて考えてみた物語でした。読んでよかったです。
スポンサーサイト
[2007.04.24(Tue) 13:46] -- 佐々木禎子Trackback(1) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by ミズキ
お言葉に甘えて、トラックバックを送信させていただきました♪
佐々木さんの書く社会人の攻って、ちょっとクセがある良い男が多いですよね。「誘惑のジンクス」も手に入れて読みましたが、こちらもなかなかでしたよ。

ありがとうございます。 by あお
トラックバックありがとうございます♪
ミズキさまの日記を読んで改めて読みたくなってしまいました。「誘惑のジンクス」も読んだような気がします。たしか本棚の奥にあったような。読んだ端から忘れていくタイプなので面白かった覚えしかない・・・。イカンイカン(^^;)
佐々木さんは高校生とかが主人公よりアダルティなものがあっているような気がします。もっと読みたい作家さんです。

コメントを閉じる▲

 ← (ドラマCD)Don't Worry Mama | TOP | 寡黙な華

COMMENT

お言葉に甘えて、トラックバックを送信させていただきました♪
佐々木さんの書く社会人の攻って、ちょっとクセがある良い男が多いですよね。「誘惑のジンクス」も手に入れて読みましたが、こちらもなかなかでしたよ。
[ 2007.08.05(Sun) 17:51] URL | ミズキ #XAVZyosg | EDIT |

トラックバックありがとうございます♪
ミズキさまの日記を読んで改めて読みたくなってしまいました。「誘惑のジンクス」も読んだような気がします。たしか本棚の奥にあったような。読んだ端から忘れていくタイプなので面白かった覚えしかない・・・。イカンイカン(^^;)
佐々木さんは高校生とかが主人公よりアダルティなものがあっているような気がします。もっと読みたい作家さんです。
[ 2007.08.06(Mon) 00:43] URL | あお #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback


「俺は、好きになったら尽くす男ですよ?」古い一軒家に住む霧原朋樹(きりはらともき)は邦楽の作曲家で筝の奏者でもある。家を改築して以来、設計技師の矢幡英司(やはたえいじ)が定期的に訪れ家のメンテナンスをしていく。何事も低体温気味に過ごす朋樹だが、矢幡のきわ....
[ 2007.08.05(Sun) 17:45 ] BL偏食日記
 ← (ドラマCD)Don't Worry Mama | TOP | 寡黙な華
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。