2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 祭り開催中*西田東
 ← あの角を曲がったところ | TOP | 6/12 最近読んだ本

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


祭り開催中*西田東 

2007年06月21日 ()
自分の中でいま、西田東祭り開催中です。
最近ご無沙汰だなぁと思って読み返したらフィーバーしてしまいました。

見つめていたい
西田 東
芳文社 (2004.6)
通常2-3日以内に発送します。

これが一番好きかも。

冴えないサラリーマン×ちゃらんぽらんにーちゃんのお話です。
どこにでも居そうな人たちです。

言葉にしないけど行動で気持ちが伝わってきちゃうのが、エピソードが語るということの真髄なのかもしれないと感じさせてくれる作家さんです。
待ち合わせの向かいの喫茶店で待ち合わせ場所を切ない表情で見つめるにーちゃん。それを見てしまったリーマンはあせって待ち合わせ場所に向かっちゃうわけです。この流れがとても好きです。

不倫の関係なんだけどこのふたりは湿っぽいところがあまりないですね。男同士だからかな?くだけてるというか、明るいというか。
リーマンの転勤で一旦はふたりは離れちゃうんです。まあ結局再会してハッピーエンドを予感させるラストなんですけど、その再会までにーちゃんは苦しんだんだろうなぁと思います。だってリーマンを苦しめないようにしたい、でも顔は見たい・・・って難しいよ。負担にならないようにって一生懸命考えたんだと思う。ちゃらんぽらんだけど一途で健気なにーちゃんです。早く幸せになれるといいね。

シリーズとして4つお話があります。4話とも「見つめていたい」というテーマから外れることなくとてもまとまりのあるストーリー展開だったのもお気に入りの理由のひとつかもしれません。

絵はいたってシンプルでヘタウマ系だと思うんだけど、味がある画風なんですよね~。絵で毛嫌いしている方がいらっしゃるのならもったいないと思います。山田ユギさんが平気な人はきっといけると思います。(どんな基準?)

 : : :

祭り開催中に読んだ本。

影あるところに
お医者様同士。人間の弱い部分とか駄目なところとか見ちゃったら守りたくなりますよね。

彼の肖像
イラストレーター(?)×画家。イラストレーターの絵を好きと素直に言えない画家の言動が好きでした。

奪う男
衝撃のデビュー作。リーマン・オヤジ満載の短編集。

目を閉じないで
リーマン同士。「彼氏らしきもの」発言がツボでしたり。戸惑うオヤジが見ものです。


「願い叶えたまえ」「もろとも」「恋をしましょう」をこれから読む予定。
7月末に「天使のうた」が発売されるようですね。今から楽しみです。
スポンサーサイト
[2007.06.21(Thu) 01:13] -- 西田東Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← あの角を曲がったところ | TOP | 6/12 最近読んだ本

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← あの角を曲がったところ | TOP | 6/12 最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。