2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > b‐BOY Phoenix 5 びしょぬれ特集
 ← SASRA 2 | TOP | コイイケ

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


b‐BOY Phoenix 5 びしょぬれ特集 

2007年08月20日 ()

/ リブレ出版(2007/03)
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:


執筆人:瀧川和ト 日高ショーコ 池玲文 琥狗ハヤテ 桜木あやん 環レン 桜川園子 千歳ぴよこ (小説)かわい有美子×今市子



最初にご注意を・・・
カテゴリーを作ってそれに分けときながら、アンソロ自体の感想ではないです。この記事。

なにかというと、かわいさんの小説萌えーーーーーー!!です。

このアンソロ「ドラスティック・メタモルフォーゼ」という短編が収録されています。かわいさん小説でイラストが今市子さんです。

かわいさんにしては珍しく色っぽいシーンが多いです。しょっぱなからだったのでページを飛ばしてしまったのかと思ったほど。(笑)

社長×秘書で、どちらもクールです。
いまでこそこの関係なんだけど、実はふたりには過去がありまして・・・。というお話です。

秘書は今まで社長のプライベートの面倒も見ていたわけですよ。半同棲状態。(でも色気は一切無い)
でもそのプライベートの部分を後輩に引き継ぎたいと会議の時にみんなの前で言っちゃうんです。
なんも聞いてない社長はびっくり。秘書と口論になっちゃいます。

・・・ってこんな風に書くとまるで痴話げんかみたいですね。いや、夫婦喧嘩か。

仕事の話をしている時はすんごいクールなので、色っぽいシーンとのギャップが凄いです。

秘書がねぇ~ものごっつ強情っぱりさんなのです。ポーカーフェイスだし。でも一途な子なのです。
一途が故にクールに接するしかなくて、そうやってしか自分を立たせることができなくて。

その強情っぱりの顔がはがれていく過程が読んでて快感でした。花がほころぶとか、蝶がさなぎからかえる瞬間とか・・・そんなイメージがばばっと広がって、うをを~萌え~~って感じでした。
(我ながら意味の分からない伝え方だ・・・^^;)
でも本当に社長じゃないけど舌なめずりしたくなります。
まさにメタモルフォーゼ。

これまた今サンの扉絵がおいしいんだ。(じゅる)

私はかわいさんに関しては情報が乏しいのですが、多分まだ単行本には収録されていないと思います。
単行本に収録するのもページ数的に難しいと思うので、気になる方は購入をオススメします。私もかわいさんの小説読みたさでこのアンソロは買ったサ。



かわいさん作品は「透過性恋愛装置」を買ってはあるんだけど読めてないなぁ・・・。評判が良いので早く読んでみたいです。

スポンサーサイト
[2007.08.20(Mon) 23:52] ■BLアンソロ■Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← SASRA 2 | TOP | コイイケ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← SASRA 2 | TOP | コイイケ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。